​​

神風特攻隊って何であんなバカなことしたの?

神風特攻隊って何であんなバカなことしたの?
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:37:52.19 ID:biOmfWLp0
命令する方もバカなら実行するする方もバカだよな 死んだら何にもならないってのに
引用元:神風特攻隊って何であんなバカなことしたの?
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385998672/


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:37:52.19 ID:biOmfWLp0


命令する方もバカなら実行するする方もバカだよな
死んだら何にもならないってのに



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:38:41.31 ID:NA6N/fzEi


結果でてんじゃんバカだからだよな



3: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/03(火) 00:38:52.10 ID:vlTrqpBi0


あの頃の日本は
命を投げ打ってでも守りたいくらい凄かった



5:はなまる陰陽師 ◆uhGols11hY :2013/12/03(火) 00:40:08.42 ID:rWpsQGsF0


あの頃の日本は神レベルだったから



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:40:13.35 ID:/eF59oXV0


帰りの燃料がなかったんだろ



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:41:53.52 ID:oOKYr6dZ0


バカって言えるような世の中じゃなかったしな



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:42:41.30 ID:XL0L1nJZ0


大本営がくそ無能だったから
だが爆弾抱えて突進して死ねと言われて実際にそれを実現できる昔の若者の度胸は未だに聞いても尊敬する



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:43:12.00 ID:H1u08fup0


美談作り?
誰かがやれば俺も私もという日本人の特性を利用した死を恐れない兵隊を作りたかったとか



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:44:17.03 ID:TEuUem2HO


上層部からして当時の日本軍は精神論者の脳筋野郎が多かったから



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:44:29.94 ID:MYDP/iZW0


学校の先輩に逆らえない
会社の上司に逆らえない
今も根強く残ってるが?



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:45:32.30 ID:WVAv+y//O


馬鹿ではない自爆テロとしてゲリラの戦法として現代でも用いられてる



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:45:52.25 ID:tfUc7asH0


戦争序盤に最強と言われた零戦
しかしアメリカが零戦を上回る性能の戦闘機を開発
さらに数でも押され特攻以外の有効手段は無くなった



19: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/03(火) 00:45:58.64 ID:vlTrqpBi0


18とか20とか若い人たちだったんだよな



お前らにこんな遺書書けるのかよ




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:46:30.49 ID:GquUWwBB0


大和も勝つ見込みがないのに沖縄に向かったそう(;_;)



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:47:05.89 ID:XL0L1nJZ0


作戦自体はバカなことと称されても構わんが、未来の俺達の為に自分の命を投げ出してでも日本を守ろうとした当時の飛行機乗りを馬鹿にすることは許さん

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:48:40.04 ID:biOmfWLp0


>>21
当時の人ですか?
命を賭ければいいってもんじゃないよ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:10:32.85 ID:UgnYxz6U0


>>27
くっさ




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:47:58.12 ID:kMaZvih10


こんな戦法を採用するほど追いつめられてたってことだろうけど

最初に発案したのは誰なんだろうな?

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:59:58.38 ID:w6+xTgDR0


>>23
海軍反省会って本に書いてあったと思うが誰だったか思い出せん
かなり中枢部の人間だったとは思うが
民主のばら撒きと同じで「何かは」やってるってのをアピールするのが目的だと




26: 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:15) :2013/12/03(火) 00:48:39.65 ID:GZBRsb3y0


僕のじっちゃん陸軍幹部でよかったわ…



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:49:16.67 ID:tfUc7asH0


自分より敵の戦闘機の方が性能高い上に1対4で勝てるかよ



29: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/03(火) 00:49:22.51 ID:A9DUkMAN0


確かに作戦はクソ

だがその作戦に従事した飛行兵を馬鹿にするのは許さん
彼らは負けると知っていながら戦後の日本を思って散ったんだ



30: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/03(火) 00:49:29.86 ID:vlTrqpBi0


命を賭けない戦争なんてあるのか?

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:51:22.66 ID:Zn4Y/24j0


>>30
きっと無人機だらけで戦争する未来から来た方なのだろう


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:53:56.16 ID:biOmfWLp0


>>34
そういうことじゃないし
軍師が馬鹿だと兵が損することわかんないの?




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:52:52.19 ID:2Z9vKH/L0


知覧に行ったことあるんだが遺書とか見て泣けてきた



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:54:10.37 ID:xmhNbWIi0


パイロットの練度が低下し、目標艦の首尾線上から突撃して急降下爆撃を行えなくなった。
目標の側面から突撃する雷撃機は、雷撃時の速度に制限が加わる関係上、いい鴨にしかならないので却下。
そうすると、目標の側面から爆弾を当てろってことになるんだけれど、技術的に急降下爆撃よりも難しい。
だったら、残るのはわかるよな。

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:57:39.73 ID:xEQTJdpM0


>>40
えぇと…諦めましょう?


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:01:10.14 ID:H1u08fup0


>>40
それしか無かったのは分かるが
それを実際にやらせたのは何というか凄いな・・・




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:57:04.08 ID:j2DDcrS00


実際空母沈めたし



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:57:18.05 ID:bIxKK9fo0


でも給油係りの人があまりに可哀想だからって往復分の燃料は入れてたらしいな



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:59:03.29 ID:cSlCl5bB0


俺なら東京飛んでって国会議事堂か皇居に突っ込むわ

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:00:14.01 ID:zr/oyApU0


>>46
俺も思ったwww
自分に死ねと言ってる国普通なら守らないよな
それでも敵に突っ込むんだから洗脳ってすげえよな


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:00:45.14 ID:tfUc7asH0


>>46
その場合当時ならお前の家族殺されねーか?


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:02:40.65 ID:2Z9vKH/L0


>>46
家族心中して旦那を特攻隊に行かせた家族がいんだぞ。当時であればお前がガキならおかんと一緒に入水特攻だよ




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:00:47.72 ID:yZu1IQd40


でもガンで痛い思いして死ぬくらいならナショナリズムに傾倒して一思いに死ぬのも悪くないんじゃないかなと思う



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:05:30.36 ID:xmhNbWIi0


まぁ、あまり知られていないんだが、ドイツなんかでも特攻兵器作っていたんだよね。
ただ、向こうは騎士道の国だから、氏ねって言われても氏なないから一応脱出装置付けておくの。
で、運が良ければ帰ってこれるから、お国のために氏んでちょうだいって言って逝かせるんだよね。
ビーバーとかナッターとかさ。



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:06:31.63 ID:w6+xTgDR0


昭和3年生まれの祖父は予科練にいたときに終戦を迎えたそうだから
下手すりゃ特攻してたかもしれん
もはや練習で飛ばすための燃料すらなくてグライダーで訓練してたとか

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:09:46.98 ID:xmhNbWIi0


>>58
近所の昭和2年生まれのお年寄りから聞いたけど、その人は陸軍少年飛行兵として訓練を受けている最中に敗戦を迎えたそうだが、同じようにグライダーで訓練していたと言っていたよ。




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:08:04.37 ID:ln66Yk+e0


つーか劣勢の国では特攻紛いのことって割とやってるしな
ソ連とかコサック騎兵が戦車に突撃して壊滅してるし

ちなみに迎撃したドイツ側の指揮官は馬術メダリスト



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:19:37.99 ID:A5zG42DY0


そういえばなんで天皇は空襲を免れたの?
東京焼け野原にされたんでしょ?

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:20:35.36 ID:uYFCm8ei0


>>78
日本政府が無くなったら戦争が終わらせられないじゃん。


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:21:53.55 ID:XL0L1nJZ0


>>78
皇居の地下には防空壕があったんだよ




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:20:11.75 ID:xmhNbWIi0


まぁ、1の質問趣旨とは異なるかもしれませんが・・・
米艦船に有効弾を与えることが絶望的になったので、少しでも一矢報いるために考えだした苦肉の策だということですねぇ。
これがフリッツXという誘導弾でも開発できれば良かったのですが、悲しいかな電子技術は立ち遅れていたのでそれも叶わず、やむを得ず誘導装置に人間を使ったということでしょう。
ただ、フリッツXを持っていても、有効射程に入る前に母機ごと叩き落とされたり、誘導中に落とされるという結果になったのかもしれませんがね。



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:22:40.01 ID:PDr4CdFq0


レイテ沖で負けたら戦争の続行不可能になって負けが決まるからね
むしろあそこで天皇に戦争やめようって言わせるためにあえて酷い戦法取ったらしいし



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:22:56.75 ID:H1u08fup0


皆限界超えておかしな状態だったんかな
頑張り過ぎは良くない



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:26:18.29 ID:xmhNbWIi0


レイテどころか、マリアナ沖海戦で惨敗後、サイパン陥落した時点で、絶対国防圏喪失した責任とって東條内閣総辞職したんだからねぇ。
それ以上の戦争継続はまったく無意味なんだけど、ずるずると1年以上続けちゃったんだよねぇ。



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:27:16.85 ID:OiRpp3CM0


洗脳させられてたとはいえ
「自分が特攻をかければ、もしかしたら家族を救えるのかもしれない。なら死ぬ価値はある」って思える精神がなんというか尊敬というか誇らしいというかそんな感じがする



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:28:46.66 ID:/XBhKJr00


この人たちがいたから今がある
いなかったらもっとおかしくなっていたかもしれない
作戦自体は気が狂ったと思われても仕方ないかもしれん、だがそれに従事したひとたちを馬鹿にするのは許さん



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:29:16.13 ID:PDr4CdFq0


B29の射程に入っただけでまだ望みがないわけではなかったし
そもそも戦争の終わりが見えていた五十六が死んだ時点で詰んでるわけだし
結局手段と目的の違いがわからずに戦争始めちゃった軍部が無能なわけでありまして

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:31:35.61 ID:xmhNbWIi0


>>92
山本五十六に戦争の終わらせ方がみえていたとは初耳だ
kwsk頼む


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:36:34.55 ID:PDr4CdFq0


>>95
国力の差わかってたから日本が戦争に勝てるとは思ってなかった
それでも上の開戦の声に押されて1年だけなら大暴れできるってんで渋々従っただけ
ある程度暴れたら適当に講和結んで終わりにするつもりだったんじゃないのかな
支那の権益認めてもらって油と鉄くず売ってもらえれば日本はそれでよかったんだし
結局それもかなわずあまりにも大きすぎる犠牲を払って無条件降伏っていう形になっちゃったけど


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:42:59.95 ID:xmhNbWIi0


>>100
それじゃあ、山本五十六に大東亜戦争の終わりなんて見えてないし、誰が聯合艦隊司令長官やったって結果は同じになったってことじゃない。w
敗戦まで山本五十六が存命でも、終わりは全く変わらなかったと思うよ。


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:47:28.26 ID:PDr4CdFq0


>>111
聯合艦隊司令長官って立場が議会を動かせるかどうかって問われると確かに微妙かもね




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:30:14.98 ID:PDr4CdFq0


サイパンとか硫黄島の守備隊なんて本土の家族が一分一秒でも長く平穏な日々を暮らせるようにと願って死んでいったんだろうね悲しいね



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:34:15.81 ID:PQUWetskO


フィリピンの人は神風特攻隊を尊敬している
今の価値観でいえば確かに良い印象はないが我が身をなげうってまで戦ったのは批判しようがない

大半が自ら進んでなったというし指揮官も死んだんじゃなかったかな

どちらにせよ侮辱することは許されない
彼らは立派で誇らしい日本人の英雄達だ



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:34:29.27 ID:M8iznxi90


まあお前らも実際戦争になって同じ立場になれば身を投げ出してでもってなると思うよ
そのくらい追い詰められてたんだろう
残された家族と日本の為にってな

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:37:51.64 ID:BdQ/+8n80


>>98
そりゃ俺の命で日本が戦争勝てるならやるだろうね
会社のために時間外労働200時間がんがれとか言われても絶対嫌だけど




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:36:23.48 ID:M8iznxi90


俺だって戦争になって日本が負ける?家族が危ない?ってなったら特攻すると思うわ



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:38:31.53 ID:PDr4CdFq0


特攻提唱した大西瀧治郎は終戦の翌日に死んでるね
統帥の邪道とわかった上での苦渋の決断だったとは思うけどその選択をせざるを得なかった状況ってのが恐ろしいよね

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:42:26.70 ID:BdQ/+8n80


>>103
黒木博司が回天つくってその勢いで桜花って流れだと思ってた
実際どうなの?


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:47:28.26 ID:PDr4CdFq0


>>110
その辺詳しくないからわからんが回天とか桜花って誘導システム確立できないから人力に頼ったってだけだから特攻とは違うような
特攻ってどうせ帰還が望めないならいっその事決死の体当たり攻撃でってことだし




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:40:14.59 ID:xmhNbWIi0


どこの国の軍隊でも入隊時に「自分は自身の命を賭してでも、国民の生命、財産を守ることを誓います」と宣誓して入隊するのね。
だから兵隊さんは平時においては尊敬しなければならいんだけれど、バカ左翼が軍隊を勅めるようなプロパガンダを行って自衛隊も卑屈になるもんだから、国ために、国民のために、家族のためにという特攻隊員たちの心情が理解できなくなるんだよねぇ。
まぁ、最近は震災の活躍で、国民の自衛隊に対する評価はかなり向上したけどねぇ。



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:40:55.71 ID:/xtZ4C1hO


東京の非戦闘員皆殺し作戦するヤツを相手にするんだから
ああいう心理になって当然



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:42:12.05 ID:PDr4CdFq0


逃げられないように先行隊が街の周囲を囲うように焼いてくからな
んで本隊がしこたま爆弾振らせると
原爆だって動物実験感覚でやってるの見え見えだしメリケンはほんとに糞だわ

114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:44:13.50 ID:BdQ/+8n80


>>109
人の命より好機が先なんだろうな
エージェントオレンジや劣化ウラン兵器見てると確信持てる




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:43:20.24 ID:S8pqHoJiO


微妙に関係ないんだけど
集団自殺した「白虎隊」ていたじゃん?
実はあれ、ひとりだけ生き残った少年がいるんだよ
その後の彼には、一体どんなドラマがあったと思う?


と、ワクワクしながら調べたら
その後はあたりさわりない普通の人生送っててワロタ

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:47:17.48 ID:BdQ/+8n80


>>112
話は逸れるが平坦な人生なんてあり得ないよ
そんな生活送れるの昼行灯気取りの有能な人間だけだわ




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:48:15.75 ID:pj4pEdZr0


家族と日本を思い命を懸けて㌢に赴く男と
米軍に怯えて暮らす女子供
どっちが恐怖かって言ったら何も抵抗出来ない女子供なんだよな



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:55:45.76 ID:pj4pEdZr0


女子供は戦争になったらマジで恐怖しかないと思うわ
男は戦えるからな
しかも使命感を持って戦える
女子供は無抵抗で敵の攻撃を待つだけ



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:59:21.99 ID:ZKkiSUAS0


イタリアとドイツの負けで日本もほぼ負けは確実

陸軍「んんwwwwww我らが戦ってないのに負けとかありえませんなwwww本土決戦すれば勝利確定ですぞwwww」

海軍「いやでも向こうは空爆してくるばっかで本土まで乗り込んでこないし、そこまで持たせられんよ」

陸軍「何が何でもなんでもして持たせるべきですなwwwww本土決戦さえすれば俺ら間違いなく勝てますぞwwww」

海軍「しかし資材も燃料もないから若者達で編成した特攻隊を作って何とか持たせるくらいしか方法がないぞ?(そこまでやりゃさすがに天皇陛下も戦争を止めるように陸軍に働きかけてくれるだろう)」

陸軍「んんwwwwそれしかありえませんなwwwww早速その為の兵器を作りますぞwwwww」


俺的にこんなイメージ

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:07:08.75 ID:w6+xTgDR0


>>120
実際は発案開発共に海軍の方が早かったと思うぞ
海軍高官「何か”特殊な兵器”で敵艦を迎撃せんとな」

海軍開発陣「こんなこともあろうかと一人乗りの魚雷を作っておいたぞ」
という展開
それとは別に陸軍でも後程特攻兵器が発案されたが




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:04:29.39 ID:hEY7FBrz0


バカとか損とかそんな問題ではない
過去があって今の俺達がある

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:11:57.52 ID:bn6BfEHi0


>>55
ちっちゃい頃歴史の教科書読見始めくらいかね
縄文弥生くらいの人たちのこと「土人wwwwwww」位に思ってた
今考えたらアホ極まりないな




10000:以下、名無しにかわりましてまとめでぃあがお送りします:2045/12/21(木) 02:51:41.36 ID:matomedia

【裏山】彼女がロシア人なんだがwwwwwwwwwwwww

【閲覧注意?】爺さんが死んだので家の片付けに行ったらヤバそうなものがでてきた・・・(画像あり)

【驚愕】妹の中間テストの点数がwwwwworzwwwwwwwwwwwww

【悲報】3年間毎日髪の色変えてた結果w w w w w w w w

【画像あり】今週のゲーム売上がなかなかに衝撃的な件wwwwwwwwwww

大学にライトオンの服を着て行った結果wwww

【画像】 海外の路上アートが気合い入りすぎだと話題に すげえええええええ!!!!!!!!!!!!

【閲覧注意】ナウシカの裏設定って知ってる?

近所のクソガキが勝手にうちのルーター使ってやがる・・・

家庭科の福祉問題で「老人は無理に長生きせずに死ぬべき」と書いたら・・・・・

デブがヒートテック着た結果wwwwwwwwwwwwwwww

パクリが本家を超えてしまった例あげてけ

空手家フルボッコにしたらヤバいことになった・・・・・・・

【悲報】餃子の王将、終了のお知らせ。これはヤバイ・・・

さっき本屋で女に高い棚にある本を取ってあげた結果www

スマホのモバイルバッテリーを買ったんだが電器屋の店員に感動した

15,6年前は今みたいに嫌煙されなかったよな・・・・・・

【衝撃】 日本人のスルースキルが凄すぎる件 (画像あり) wwwwwwwwwwww

ヤバイ、スピードラーニングを三年やった結果wwwwwwww

リボ払いにしたったらwwwwwwwwwwwww

スマホのモバイルバッテリーを買ったんだが電器屋の店員に感動した
オススメ記事
最新ニュース
​​
過去記事ランダム
​​
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

44426:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:16:00

空母から発艦して空母に帰投できる技量をもった搭乗員が壊滅したから
制空権も取れず爆撃をしても、当たらず撃ち落とされるだけなので
あのような戦術に

結果はお察し

44431:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:33:24

1は想像力が皆無なのはわかった。

44432:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:35:13

最初は戦果もあったが、さすがの米軍しっかり対策とって被害をかなり軽減
してきた。
100機出て五機ぐらいしか体当たり成功してないんだよなあ、しかもこちらは文字通りの必死で相手は沈没しなければ回復可能という一方的消耗という。

44433:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:36:46

俺はいつも「おまえのためだ」って言うことにしている

44434:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:37:31

端的に言って馬鹿
滑走路か油槽に突っ込んで馬鹿が増えないようにすれば美談だったかもな

44435:2013年12月03日 17:40:27

なんだかんだ言ってもさ
お国の為にと命を捧げた人に対して
このスレ主の発言は許せん

44437:名無しさん2013年12月03日 17:42:53

さすがにいつもの糞在日だろうけど

ゆとり産廃でもこういう奴いるんだろうなぁ

44441:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:46:13

正直な話、特攻は勇気や度胸じゃなくて、「他の人もやってるんだから、なんでお前やらないの?」って
圧力に抗えない日本人の気質じゃないの?サービス残業や明らかに無茶な仕事を押し付けられても、
仕事を辞めるのでもない心理と本質的には変わらんだろうが、それは度胸じゃない。

44442:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:46:46

命を捨ててまで祖国を守ろうとしたその覚悟は尊いが、そんな選択を強要した当時の大本営は最低のクズ
いわゆるA級戦犯達は、東京裁判による判決自体は欧米のエゴに塗れた不当判決もいいところだが、誰よりもこうやって死んでいった人達に対してこそ最悪の戦犯と呼ぶにふさわしい
靖国のA級戦犯合祀も、中国や韓国に文句を言われる筋合いは全くないが、こういう死に方をさせられた人に対しては失礼千万な話だと思う

44443:名無しさん2013年12月03日 17:47:01

何かで読んだが、たまたま最初の特攻作戦が上手く行ってしまって、上層部が「これはいける!」って思っちゃったのも悪かったらしいね…。
自分も知覧の遺書のいくつかを読んだ事があるが、マジで泣けるよ…。

当時は、拒否したら自分だけならいいが、家族もろとも刑務所に入れられてもおかしくないからね。遺書読んだらわかるが、自分が犠牲になる事で家族を守れるならそれでいい、って感じだった模様…。

44445:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:47:57

どうせ当時の時代に行ってもびくびく戦争に怯えながらも
日本軍や政府を馬鹿にして自分だけ何もせずブチブチ言う
内弁慶なんだろうな・・・

44447:(´・ω・`)2013年12月03日 17:52:09

一応作戦と搭乗員を分けて考えてる人がいることは安心できる
一番のクズは特攻作戦をシステム化して普通のこととして扱って
戦後「私も被害者だ」とか言って素知らぬ顔して生き残ってる奴らだわ(そういう話が幾らかある)
それで全て許されるわけでないけど大西瀧治郎みたいに自決したり
玉井浅一みたいに残りの人生を追悼の祈りで費すとかいう人もいるのに
ただやっぱり特攻なんて作戦とも呼べない外道であるのは当然だわな
特にベテラン搭乗員にまで特攻命令だすのは脳みそあるのかと
(若い素人なら特攻にやっていいのかって罵声浴びせられそうだけど)

44448:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:52:34

特攻隊がかなり戦果をあげているのも事実。
まさに『外道』だがほかにしようがなかったと納得するしかない。
大西中将以下指揮官が責任を取っていることがせめてもの救い。

44449:名無しさん@ニュース2ch2013年12月03日 17:53:54

特攻は馬鹿でもなんでもなくわりと合理的なんだがな
通常攻撃で軍艦撃破するために何機も戦闘機や人員失うぐらいなら特攻で撃破したほうが戦果に対して失う人員が少なくて済むって考えだから
対策取られてた沖縄戦でも命中率はまだまだ高かったし敵への恐怖心煽る効果もあったしな
問題は必ず死ぬような戦い方を兵士にさせるのは人道的にどうなの?って点
つっても現場の兵士からすればどの道死ぬだろうって思いで戦ってたからそんなのどうでも良いって思ってた人も多かったんだろうけど

44450:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 17:57:05

価値観が違うんだからしゃーないわ
おかげで特攻っつーのは馬鹿だと俺らは知ってるんだし

44452:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:01:24

そんな事言ったって現代だって会社への忠誠心がどうのとか言って命削らせて無償で働かせてるじゃないの

44453:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年12月03日 18:02:13

最後の一年はほんと悲しいな。
知的エリートの後継者になる学生を大勢死なせたり、
価値観の全然違う半島からも兵を募ったりしてさ。
軍が予算と権勢の獲り合いで暴走し合って、引き際もなにも。

44454:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:02:37

こういう無知が神風特攻隊のスレ上げるのが許せない。
自爆テロと一緒とか言ってるアホもいる。
神風特攻隊の誰が敵国の女子供を狙ったんだよ!
神風特攻隊が狙うのは軍人のみ。
自爆テロと根本が違うわ!ゴミが!

44455:2013年12月03日 18:02:51

今、赤紙来ても戦争なんかには絶対参加しないわ
招集されても家でゲームやる
国の勝ち負けなんざどーでもいい
負けたらデモ起こして無かった事にすればいいしね

44456:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:08:18

戦闘機で急降下爆撃とかどうやってするんだよ

44457:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:08:43

>44449
戦術的には合理的でも、戦局、戦略的にみれば愚策そのもの、もはや大した時間稼ぎにもならないから。
補給の見込みもないのに消耗戦とか負け戦を引き延ばす効果しかない殆ど自己満足。

44458:名無しの日本人2013年12月03日 18:10:18

>>1
だったら同じようなことするイスラム教に抗議してこいよ
出来ないなら何も言うなカス

44460:2013年12月03日 18:13:39

兵士でも降伏すれば命は助かる。一般市民であれば確実に助かる。
・・・ってのが前提にないからね。
戦後を見てもお察し。まだ米兵はましな方だったんだけどね。
家族まで持つようになると、なかなか命を見ず知らずの国に預けるなんてできなくなる。

44462:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:20:01

歴史に対してやたら現実主義者を気取って辛辣な、嘲笑するかのような言葉を選ぶ阿呆がかなり増えた気がする。だから軽々しくバカだのなんだのと言えるのかもしれないが。
いろんなまとめで生半可な知識やものの言い方を学んだせいかな。


成程、理知的論理的な考証や思考は大切だけれども、それはけして精神性を排除することと同義ではない。
特攻隊はバカではない。俺らの国の悲しい過去ではあるが、無意味に愚かと断ずる奴らは何も生み出せないし、脳みそと心を腐らせている。

44463:名無しさん@ニュース2ch2013年12月03日 18:21:44

初期の特攻で27%、後期は13%の成功率
命中したら当然軍艦は被害寛大で最悪沈む
つまり単純に考えると後期の時点では1隻の軍艦を倒すのに7~8機の特攻機が必要になる
もし普通の攻撃で1隻の軍艦を倒そうと思ったら7~8機の犠牲で済むのかどうなのかを検証した上で特攻について考えた方が良い

44468:名無しさん@ニュース2ch2013年12月03日 18:31:52

>44457
長引かせられたお陰で一応日本は無条件降伏でなくポツダム宣言に則って降伏することが出来たんだがな
ポツダム宣言があったからGHQも日本を完全に好き勝手に出来ずに日本側もポツダム宣言持ち出してGHQに文句言えたんだよ
もし完全な無条件降伏だった場合は今の日本はなかったかもしれないね

44469:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:33:29

>>58
グライダーで訓練は今時の空軍でもやってるけどね

44470:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:33:37

ただ当時の「敗戦国」は酷い扱いだったからな。
特にアジアで列強に歯向かった国なんて畜生扱いだろ。
負ければ国も誇りも失い、家族が奴隷にされるんだから負けられない戦いではあった。
今の人権感覚とは明らかに違うよな。

44471:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:36:44

俺の祖父さんは神風特攻隊のパイロットだったぞ

次はオマエ(祖父)行けって言われて発射する前に丁度戦争が終わったって言ってたそれ以外はもう当時の事は言いたくないって感じだったから聞かなかったけどなんか・・・誇らしい顔だったのは覚えてる

後の世になってアホらしいとか馬鹿じゃねーって言うのがそいつの勝手だがその時代生きた人を馬鹿にするって言うのが1番愚かな事ってくらいは知っておけよ

44473:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:41:01

一般人は竹槍で特攻する予定だったんだぜ?一億総特攻ってのを本気でやろうとしてた。

44475:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:46:55

インパクトあるスレタイにしたかったんだろうが、こういう言い方はやめてくれ

44476:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:50:25

どうも感情的になっている人が多いみたいだが

純粋に作戦として下策だっだかそうじゃないかについての評価はどうなの?

戦争なんてどれだけの兵士の命を消費すれば、
相手の兵士の命を奪えるかが重要なんだから

通常作戦と比較してかけた人的資源と資源に対しての成果が大きければ、有効な作戦だったし、そうでなかったら馬鹿な作戦だったんじゃないの?

精神論で当時の兵士の気持ちがとかを肯定したり、否定したりするのを見てると、当時の日本軍が負けた原因の精神偏重をまだ日本人は引きずってるんだと思う

44477:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:53:27

>44468
日本は無条件降伏したわけだが、奴隷、植民地にはなっていないけどな。
てかそういう帝国主義は一次大戦で大体終わりを告げている。

普通無条件降伏とは軍隊の無条件降伏を指す、最高裁判でも時の最高権力者もそう認めているわけだが。
また時間稼いだから云々も全く根拠に欠ける、そもそもポツダム宣言受け容れたくないから交戦していたのに何を言っているんだ。


44478:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:55:13

ここで
そうなんでしょ?そうだと思う
とか書いてる奴見るとイライラするわあ
お前何様だよ

44479:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:56:40

こういうスレ立てた人間は許せんわ。
国のために死んだ人間を侮辱してなにが楽しいのやら。
やっていい事と悪い事があるんだよ。
クズはクズでも、あらゆるクズの中でも最低の部類のクズだ。

44480:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:57:44

オマエそれは相手の女を皆捕まえたり亡き者にすれば相手に子供ができないから勝つんじゃね?
成長して相手の兵士になる子供を亡き者にすれば相手を弱体化できるんじゃね?っとおんなじだろ・・・
純粋に作戦として評価するなら非道な事した方が勝つのは当たりまえの事
でそれだけしか頭にないならそれは戦争ではなくてただの虐殺になる

44481:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 18:59:17

戦争を経験したわしにはわかる
やられる側にとってこんなに恐ろしいことはない

アメリカの兵士にとっては、「オレにコレができるか」と思っただけでガクブルだったろうな。

44482:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:02:46

古代の戦争はそうだったんじゃないの?

でもこれは現代の戦争の話だから戦争にもジュネーブ条約のようなルールがあるし、それに違反するのは問題外で議論の対象ですらない

特攻という戦術がなんらかの法規に違反してたなら問題だよね

作戦ってのは指揮官が取りうる権限の中で選択されるものだし、
その選択肢として「特攻}という戦術が有効だったかどうがなんじゃないの?

44483:名無し2013年12月03日 19:05:13

おいおい。当時、敗戦して植民地になるってことがどういうことを意味するのか主は全然わかってないな。特に白人の他地域への植民地支配って搾取の対象として家畜同然に扱うエグいものだよ。家族が虐殺・強姦されるって想像してみなよ。どんな気持ちで特攻に向かったか少しはわかるかもよ。

44484:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:12:41

でも実際に敗戦しても、少なくとも組織的に虐殺、強姦が起こらなかったのは

その当時日本人が持ってた敗戦の感覚が間違ってたってことだよね
そのせいで自決による軍及び、民間への大量の犠牲が発生した

うまく戦争に負けられず、被害を拡大させた原因を考えないと

歴史を学ぶ意味がないんじゃないの?

44485:かみさん2013年12月03日 19:13:12

特攻は、当時被害を与えることができる最も有効な戦術
作戦としては、おろか
戦略としては、負けがわかっていない愚策中の愚策
特攻しかない時点で戦争を終結するしかなかったのだが、全面降伏後のビジョンが見えなかったので、なんとしてでも条件付き降伏を模索した結果であるのだが、そんなことが特攻しか攻撃手段が無い時点で無理と戦略的判断ができなかったのが、最も愚かで不幸なことだったと思う。
ただ、幸運にも最後に米軍に一泡吹かせられたので、占領後の政策に影響を与えた可能性はある。あまりに、ひどければ、国民総特攻ならぬ総ゲリラ化はかのうせいとしてありましたからね。その意味で特攻は無意味ではない。また、特攻の現場では愚かな作戦ではあるが、実際に被害を与えており、無駄死にではないという(当時の練度では通常攻撃では、ハエのようにおとされて、ただただ戦死するのみ)ことから士気は悪くなかったと知覧でも説明されていますよ。特攻は無駄ではないし彼らの死もむだではない。そこは忘れてはいけない。

44487:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:21:57

つまり戦略級の指揮官が有効な戦略を展開できない状況で

戦術級の指揮官が自分の取りうる権限の中でもっとも有効な戦術を選んだ結果が特攻という事かな

通常なら戦略的観点から、静止がかかり、実行されるはずのない作戦が戦略的視点の欠如から実行されてしまった

44488:名無しさん@ニュース2ch2013年12月03日 19:26:57

>44477
無条件降伏の定義なんてどっちでもいいよ
俺が言いたいのは結果的に長引かせたからポツダム宣言に則って条件的に降伏(軍の無条件降伏)できたってことで、もしそれがなければ勝戦国が日本を奴隷にしようと植民地にしようと共産主義国にしようと自由だったってことだ
現に占領初期は家畜みたいな扱いだったし共産主義国にさせようとする勢力も多かった
もし完全に勝戦国の自由にされてたらどうなってただろうね

44490:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:28:48

いや、だからさ、戦術・戦略的な話から始まってないからみんな怒ってるんでしょ。

精神論や根性論が残ってる~とか負け方が~とか言うバカはなんだアレか、アレなのか。

44491:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:31:34

「必ず俺もあとから逝く」
と言って部下を送り出した上官のほとんどが
戦後も生き続けたいた。
「これでよし、百万年の仮寝かな」
責任をとり、自決した大西中将の遺書の一部

44493:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:36:41

周りがみんなそういう雰囲気で、やらないと家族まで迫害されるから
今でいうブラック企業の社畜が死ぬまでただ働き残業して当然。しないとおかしいっていうような感じ

44494:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:43:36

どうせ特攻させるなら老兵にすりゃ良かったのに
将来のための育成を放棄する無能っぷり

44495:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:44:53

>44488
あのねポツダム宣言受け容れたくないから抗戦してたんだよ?
んで軍の無条件降伏ってようするに自治権すら取り上げられた最悪の降伏条件なんだぜ?さらに言えば何故抗戦したかと言えば国体の護持こそがその主要な要因の訳だがこれも退けられている、当時の日本からしたら殆ど
国の体裁すら顧みられない完敗なんですが。
唯一の救いと言えば天皇制の完全解体には至らなかった事だが、これはマッカーサーと天皇の個人的関係と天皇陛下を処刑し天皇制を完全解体した時に起きる混乱をアメリカが望まなかったからに過ぎない。
言い換えればその旨みがあればそれも為されただろうけど、そういう極端な政策で得られるものは少ないし来るソ連との対立考えれば日本を
完膚なきまで叩きのめす必要も必然もないだけの事だよ。

どうもあなたは戦争をゼロサムゲームと勘違いしてないかな?

44496:2013年12月03日 19:45:47

犠牲者・被害者とは思うが英雄とは思わない、というか思ったら特攻作戦を肯定する訳だし。テロとは違うとよく言われるが単に規模(国家・組織・個人)の差ではないかと。

44503:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年12月03日 19:51:30

武士道精神だよ。
あまりよくない戦法だったけど資源も何もない国がやる唯一の戦い方だった。
勝利しからずんば死を!
白人の奴隷になるくらいなら死んだ方がましだったんだろ。
アジアのみじめな状態はよく知っていたからな。

44505:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:55:18

テロリストと一緒にしてんじゃねーよ
自爆攻撃と自爆テロは別物だろうが

44506:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年12月03日 19:56:25

馬鹿なことなんてどういう神経してたら言えるんだ?
日本人としてそんな考え方は恥ずかしくて絶対に出来ないよ

44508:名無しの日本人2013年12月03日 20:05:44

洗脳が解けないんだよ。まだまだ時間はかかる。

44514: 2013年12月03日 20:21:25

米44506
馬鹿な事は馬鹿な事だよ
あんな作戦やっちゃいけない事だったとかこれっぽちも思わないのか?
美化して肯定してりゃいいってわけじゃねぇだろ

44515:名無し2013年12月03日 20:24:23

そんなことまでさせて負けてるからどうしようもないよね

44521:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:30:17

やらせた連中は馬鹿じゃなくて、能力的には超優秀だろ。
組織的な自殺攻撃なんて統御統帥の極みなんだからさ。

当時の超強力な国家権力や同調圧力の下でも、宗教的洗脳を施さない限り、大の大人になって判断力の身についた人間に、こんなこと無理強いできない。
だから二十歳以下の面子が中心だったんだろうな。
彼らを馬鹿というのはあまりにも酷、若すぎたといってあげたい。

44523:名無しさん@ニュース2ch2013年12月03日 20:42:27

>44495
ポツダム宣言が発せられたのは降伏の20日ほど前だし抗戦してたのはポツダム宣言とは関係ないぞ
日本はもともとソ連に交渉の仲介を託していたからその望みに賭けていたんだよ
それにポツダム宣言の内容を受諾すべきかも政府で検討されているし事実ポツダム宣言に条件追加して降伏してもいいと連合軍に提案したりもしている

それと何度も言うけど俺が言いたいのは戦争が1945年7月26日より長引いたからポツダム宣言に則って降伏できたという事実だ
少なくともポツダム宣言が発せられる前に完全に無条件で降伏してたらポツダム宣言に書かれた制約すらなしに日本を占領されていたから非常に危険
お前がポツダム宣言が発せられた1945年7月26日の時点でさっさと降伏すればよかったんだ!って言うならそれも一理あるとは思うよ
もしくは交渉によりもっと有利な条件で戦いを終わらせられる現実的な方法があるならそれでも良いけどさ

44526:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:53:36

歴史を学ばない無知ばかり湧き過ぎて失笑物。洗脳?ふざけるなよ、家の爺ちゃんは『負ける事はわかっていた、だが国家存亡の危機に際して自分の命を惜しむ事など考えなかった。』と言ってたぞ。洗脳されてるのは当時の彼らを蔑む腰抜け玉無しどものお前らだろうが、恥を知れ。

44527:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:58:35

馬鹿だけど、日本は追い込むとそこまでやってしまうマ○○チ国家だというアピール効果は絶大だと思うよ。
アメっだって戦闘マシン一億人と地上戦なんて絶対やだったろうし、戦後平和が保たれてるのも神風効果といえないこともない。

44531:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 21:04:29

>負ける事はわかっていた、だが国家存亡の危機に際して自分の命を惜しむ事など考えなかった。

負けるって分かってるなら死なないほうがいいでしょ。
筋が通ってないじゃん。
そういうところが馬鹿だといわれちゃうんだと思います。申し訳ないが。

44544: 2013年12月03日 21:42:32

だんだん年月が経つごとに、戦争はやってはいけないことという教育が変な方向に向かってる連中が増えてくるよな。

44555:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 22:18:41

特攻という選択をせざるを得ない環境を作った当時の首脳部は間違いなく馬鹿だろ

現場の兵士の生き様が美しかったからと言って、その作戦を肯定するやつは

インパールやガ島での大量の餓死を招いた補給軽視、場当たり的な作戦指導も肯定するのか?

馬鹿な戦争をしたこれは事実、そのやり方においてな

批判すべきとこは批判しないと歴史を繰り返すぞ

兵士が国を愛してたから馬鹿にするな!とかいうやつは牟田口さんとかも肯定するのかねぇ
彼も間違いなく愛国者だったよ
ただとんでもない精神論者で部下を大量に死なせたけどな

彼も部下が死ぬ事がわかっていたけど、国家存亡の危機に部下の命を惜しむことを顧みなかったのかねぇ

44571:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 22:55:30

負けが確定していても一矢報いたかったんじゃないの。もし特攻隊が無ければ、戦後日本はもっと蹂躙されてたと思う。

44576:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 23:10:44

馬鹿呼ばわりはさすがにないな
まともに育てられた人間ならこんな発言しないからスレ主は人間として未熟だね

44582:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 23:29:01

戦死すると靖国神社に祭られて神になる
って教育ってか国の方針があったからじゃないの?
靖国神社には天皇陛下の参拝もあったし、
戦死することは誉れ高いことだったんだろ

44611:なんだ?2013年12月04日 02:53:44

特攻したくて死んだ若者なんて誰一人いないな。その時代の背景も知らないでクソガキがクソスレ立てるんじゃねぇょ。バカ扱いか?特攻した若者たちが。2チャンは糞だな。まぁ、見てる俺も糞だ。

44614:ほんで。2013年12月04日 03:16:09

ここで神風特攻隊をバカ扱いした連中。

二度と日本の歴史に対して語るな。
他国の干渉にしても語るな。


44630:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年12月04日 07:24:29

だいたいこの疑問に対しての答えは
『永遠の0』で出てるんだよな

にわか的にもお勧めするぞ

大西中将にも批判的だし

44634:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 08:52:46

尊いと言う奴がいるが
果たしてそうだったんだろうか?

「武士道と云うは死ぬ事と見付けたり」と言う言葉もあるが、
やっぱり死んだらお終いなんだよ
これを肯定すれば、当時の軍部の狂った行動も肯定してしまうことになってしまう
過去の過ちを二度と繰り返さない為にも、
このことは今もなお厳しい批判にさらされるべきなんだと個人的には思うよ

バカにするわけではないが、振り返ってみて欲しい
「神風」と大層な名は付くものの
やっていることは爆弾を背負って突撃した
それがすべてを物語っているだろ
命令したうえで何も動かずに
生き延びている奴が一番の戦犯で重罪なのでは?

44636:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 09:12:57

>44531
当時、米艦載機が遊び半分で民間人を射殺しているの許せず、自分の命に代えてでも人を守りたいと特攻兵に志願した祖父や大勢の若者をお前ごときがとやかく言うな。虫唾が走るんだよ、この玉無し野郎

44641:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 09:57:00

極端なこと言わせてもらおう
別件として似たような立ち位置になった時
「○○するのは生きるために仕方なかった」なんて言うなよ?

行き過ぎて1みたいなこという人ってさ、
「○○するのは生きるために仕方なかった」
これ広めてわがまま通したい勢力の共犯者にしか見えない

44650:名無し2013年12月04日 12:04:32

特攻錠というシャブがあってだな。

44656:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 12:46:07

そもそもWW2は日本も代理戦争でアメリカも代理戦争なんだよな
満州の為に日本は戦争 中華民国奪還でアメリカも戦争
後になって気づいた利用された二国間戦争ww

二国とも利益がなかったでござる。

44675:名無しの壺さん2013年12月04日 14:18:45

>44630
小説を引き合いに出すのは止めなさい

44679:名前はまだない2013年12月04日 14:41:13

 特攻隊の人間を悪し様に言うのは、大概が在日朝鮮人
彼らの頭の中など理解する必要は無い、500年間のマヌケな歴史空間で近親相姦しすぎたために、脳味噌のDNAから腐っている。

44682:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 14:44:42

テロと特攻は似たようで異なるよ
大文字で纏めちゃってる意図は知らんが、一緒に纏めるのは無知だと思うよ

44683:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 14:52:09

戦争末期は日米の戦力が非対称になっていて日本は自爆攻撃でもしないと戦況を覆せる可能性がなかった。
「皇国」とか「国体」みたいな一種の宗教的な価値観が単に一般市民を戦争に靡かせる方便ではなく、軍の上層部までそれに染まっていて、そのために若者の命を犠牲にすることを厭わないような風潮が出来ていた。
現代で言ったらイスラム原理主義の自爆テロと大体同じ。

44684:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 14:53:55

歴史を語るには当時の価値観を無視したらダメだと思うよ。

44685:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 14:55:29

そもそも自殺が禁忌とされてるイスラム主義者が自爆攻撃という手段を取るようになったのは、日本赤軍から受けた神風特攻をモデルとした戦術指導のためだと言われてる。

44686:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 14:56:04

ミッドウェーで飛龍の搭乗員だった友永とかみたいなエースが最期に体当たりしちまったのがいかんのだろうな、あんなエースやらとぺーぺーのパイロットに同じ戦果なんて無理な話なのに

44687:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 14:58:23

何でも糞もないから
そういう時代だった、の一言が全てだから

44690:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:00:26

カミカゼを推進した当時の中級将校が戦後自衛隊の幹部になったりしてるんだよな。
特攻隊員が家族に宛てた手紙や遺書も戦後警察予備隊の関係者が収拾して何割かが行方不明になってる。

44691:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:02:50

今の価値観で物語るには無理がある。

当時の特攻隊員に限らず、最前線の地へ赴く人たちは50年後や100年後の日本を案じて命を賭して戦った。死んだら靖国で会おうと言って、散り、今の日本の礎を築いた。
数十年後にまさかバカ呼ばわりされるとは思ってないだろうね。

44693:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:07:05

絶望的な戦況のもとで悪あがきのために若者の命を無為に消費したとも言える。
悲劇を繰り返さないためには過去を批判的に振り返ることも必要だし、それは犠牲者に対する嘲りにはあたらない。

44694:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:10:39

すべての特攻隊員や必死の送り込まれた兵士が皆綺麗に未練を断って進んで散って行ったと考えるのは無理がある。
否応なく巻き込まれて死んでいった名もない兵卒は数え切れないだろう。

44695:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:13:02

>すべての特攻隊員や必死の送り込まれた兵士が皆綺麗に
>未練を断って進んで散って行ったと考えるのは無理がある。
>否応なく巻き込まれて死んでいった名もない兵卒は数え切れないだろう。

名もない兵卒レベルの飛行士に、ピンポイント体当たりや、
空中待機や超低空飛行が必須の作戦は不可能だわ。

お前は無知の上に、テレビや教科書の受け売りを真に受ける、
恥ずかしい思考停止野郎です^^

>否応なく巻き込まれて死んでいった名もない兵卒は数え切れないだろう。

例えば誰?人数は?割合は?

44696:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:14:49

チ ョ ン 猿 って 心底 気持ち悪い

44697:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:15:33

そもそも、歩兵同士、陸軍同士で衝突する場合は、
すべて玉砕が前提だろ。ばっかじゃねーの?

どんなに勝ってる戦闘でも、どこの軍隊でも、
1回の戦闘で1人以上は必ず死ぬんだよ。

それ玉砕ちゃうんか?

逆に、200人中100人が死んだ作戦の事は、
玉砕じゃなかったとでも言うのかな?

44698:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:18:11

>>44683
>軍の上層部までそれに染まっていて、そのために若者の命を
>犠牲にすることを厭わないような風潮が出来ていた。

大嘘。事実無根。

風潮も何も、昨日まで一緒に訓練してた友人が、
戦闘で急死したら、半分以上は、
「自分だけのうのうと生き延びてはそいつに合わせる顔がない」
って心理状態になるわ。

大して想像力もないくせに、どこぞの新文化御用学者からの受け売りを、
自分の知識だと錯覚してる奴ってなんなの?馬鹿なの?

44699:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:19:09

神風特攻隊に志願するのは若い人が多かったらしいね
年取ると守るべきものが増えて
純粋な「お国のために」だけで自殺行為できなくなるかららしい

44700:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:19:12

>>33650
>特攻錠というシャブがあってだな。

薬物投与で飛行機を操縦できる程の腕があったら、
日本は負けてませんwww

44701:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:21:45

戦争が終わった後で戦争で犠牲になることを賛美することにどんな意味があるのかわからない。
当時の人の犠牲を悼むからこそ批判的に考えるんではないの?
現実に起こった悲劇からヒロイズムだけを抽出してマンガやゲームのように消費しようとするのはあまりにも不誠実な態度だ。

44702:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:23:36

>>44634
>これを肯定すれば、当時の軍部の狂った行動も肯定してしまうことになってしまう

軍部が狂ってたんだとしたら、なぜその軍部相手に
テロやデモ、ボイコットが起きない?仮説でいいから言って見せろ。

>過去の過ちを二度と繰り返さない為にも、
>このことは今もなお厳しい批判にさらされるべきなんだと個人的には思うよ

過去の過ちって何?日本が正しかろうが悪しかろうが、
アメリカや欧米はアジア侵攻をやめないぞ?

>バカにするわけではないが、振り返ってみて欲しい
>「神風」と大層な名は付くものの
>やっていることは爆弾を背負って突撃した
>それがすべてを物語っているだろ

すべてってなに?具体的に教えて?

>命令したうえで何も動かずに
>生き延びている奴が一番の戦犯で重罪なのでは?

命令した人も戦闘機で特攻したんですけど?

44703:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:27:17

>>44582
>戦死すると靖国神社に祭られて神になる
>って教育ってか国の方針があったからじゃないの?

まず、軍人は大学出のエリートであり、
高級取りの公務員だよ。

そして軍人として殉職すると、専用の神社に祭ってくれるんだが?

国の方針???赤紙で徴兵された庶民まで一緒に数えるなよ

44707:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:38:18

>>44531
>負けるって分かってるなら死なないほうがいいでしょ。
>筋が通ってないじゃん。
>そういうところが馬鹿だといわれちゃうんだと思います。申し訳ないが。

「死なない方がいい」ってww 馬鹿じゃねーのw?

基地まで侵攻を許したら、その場で捕虜にされて、
虐殺されるんですが?実際それが起きてたから、
捕虜になるのを避けたんですがw?

お前さ? 特攻隊員が特攻しなかった場合、
米軍が、「死なないでいさせてくれる」って保証してくれると思ってんの?


44709:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:39:09

当時の日本でデモやボイコットなんてしたら即逮捕、投獄、処刑だろ。
まあでも井上成美海軍大将なんかは戦後になって、軍国主義の暴走を制御するためにはそういったデモやボイコットみたいなことをする共産主義者などをもう少し自由にしておくべきだったみたいなことを語ってる。

あと作戦参謀の立場から大西中将に対して特別攻撃の必要性を具申しまくった源田実はちゃっかり生き残って桜花発案の責任を他の将校に被せ、自衛隊に入って大将(本来中将であったが本人の抗議によって一つ上の階級に)まで昇りつめてる。

44710:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:42:03

>>44514
>馬鹿な事は馬鹿な事だよ
>あんな作戦やっちゃいけない事だったとかこれっぽちも思わないのか?
>美化して肯定してりゃいいってわけじゃねぇだろ

こいつも馬鹿だな。

軍部がこの作戦を立案するまでもなく、
勇敢な兵士が特攻攻撃を選ぶ場面が多々あった。

あの局面じゃ、戦闘機パイロットまでそういう攻撃を、
独断でやらかしてもおかしくなかった。

しかし、作戦無視でそれをやると戦争犯罪であり、テロリストと同義であり、
つまり殉職じゃないし、靖国で祭られない。

だから、そういう事をしかねない「希望者」だけを募って、
「特攻であってもちゃんと殉職とし、靖国で祭るから」
という約束、整備をしたんじゃないか。

44711:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:42:12

源田実は東京大空襲を指揮したカーチス・ルメイへの勲一等旭日大綬章授与を推進したとも言われてるね。
いやー、特攻隊の指揮官は本当に皆さん立派な方ばかりで。

44712:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:43:55

希望者ねえ。
特攻隊の候補に挙げられたパイロットが首を横に振れるとでも?

44713:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:44:40

>>44491
>「必ず俺もあとから逝く」
>と言って部下を送り出した上官のほとんどが
>戦後も生き続けたいた。

生き続けたのは、後で責任を取るためじゃないかよ。
だけど、いつ戦争が終わるのかは本人には分からないだろ?

馬鹿じゃねーの?

作戦実行前にたまたま戦争が終わっただけだろ。
お前の言い分は、「上司はいつ戦争が終わるか知ってた」
が前提じゃないと通らねえよ

44714:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:46:05

>>44079
>当時の日本でデモやボイコットなんてしたら即逮捕、投獄、処刑だろ。

また、馬鹿が馬鹿なりにピーピーほざいてる…。

「デモやボイコットがあったのか?」と聞いてるのに、
それが起きない理由を言い返してどうすんだ?

44715:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:48:23

イスラム原理主義者の自爆攻撃は、彼らの教義で殉教者は死後天国に行けてそこで女の歓待を受けるとなっているから或る意味死ぬのに迷いはない。
だからなかには自爆前に自分の一物に香水を撒くものもいる。
イスラムにとって殉教が一番の功徳というわけで、実行者に死を恐れる要素は少ない。

一方日本の特攻攻撃はごく普通の、高学歴者を中心とした若者が主で当然葛藤や迷いも持ちつつ家族や国のためを思い散華された。
それに開戦当初から個人的な特攻は起きている、調べれば相当数でてくる。

ここで喚いてる中にはテロと軍事攻撃の違いも判らんのが居るのが一番腹立たしいな。
言いたいことは分かるが、自爆テロと特攻攻撃を一緒にはするなよ。

44716:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年12月04日 15:48:53

留学経験あって勝ち目ないってわかってる奴はいくらでもいたけど頭のいい奴より声の大きいバカの意見が優先される社会だったからね。
科学的な知識より大衆の常識を優先するのは今の日本も変わってないから、アメリカや中国より優位に立てる日は当分来ないね。

44717:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:48:58

あと特攻隊員が家族に宛てた手紙なんかは戦後旧軍属の警察予備隊によって収集されて一部「行方不明」になってる。
これもおそらく当時の指揮官の保身だろうね。
「特攻は志願によるものだった。泣き言を言いながら死んでいったものはいない」というストーリーが必要だったんだろう。

44718:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:50:10

>>44484
>でも実際に敗戦しても、少なくとも組織的に虐殺、強姦が起こらなかったのは
>その当時日本人が持ってた敗戦の感覚が間違ってたってことだよね
>そのせいで自決による軍及び、民間への大量の犠牲が発生した

馬鹿じゃねえの?? コイツが1番バカかもしれない。
結果論ってお分かり?その足りない脳味噌で?

戦争してる間柄の二国間が、「終戦したら虐殺しないから」
と約束して、実際に厳守した例と、破棄された例、どちらが多いのか知ってる??

言うに事欠いて敗戦の感覚??

当時の国際社会において、(すでに民間人への空襲攻撃を行ってる米軍が)、
「日本が負けを認めたら虐殺とかしないよ」とかいって通用すると思う?

しかも、そのあとに原爆投下したんだけど知ってた?

44719:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:51:12

特攻隊に選ばれたら、逃げることはできない。
逃げれば自分の家族が不利益を被るからな。
書き込んでる人たちも戦時に特攻隊へ選ばれたら、やると思うよ。
やらなくて咎を受けるのは、自分だけではないからな。

作戦としては最初期のみ成果を上げて、対策取られてからは戦果を挙げられなかったと記憶しているけど……。
私は作戦の是非に関して、少なくとも自国の人的資源を徒に損なうような作戦は意味が無いと思っている。
継戦の意志がないなら早く降伏しなければならなかったし、意志があるならばこそ、きっちり訓練して爆撃できるようになってから、送り出さなければならなかったと思っている。
特攻は作戦としては愚の骨頂、これを考えた軍部の連中は特攻をやった人たちに贖罪しなければならなかったと思うよ。
もちろん、生きてね

あと>>112が白虎隊の生存者は一人とか言ってるが、白虎隊は、17歳以下の少年で編成された部隊で、343人いて、自決できたのは19人、270人程度は生きて終戦を迎えてる。
もし飯盛山で自刃するも助けられた士中二番隊の飯沼貞吉の事を言ってるなら、当たり障りのない人生を送ったというのは疑問だね。
この人は日清戦争で従軍してるくらいだし。

ちなみに、従軍中、危険だからとピストルを持参するよう促した者に、「私は白虎隊で死んでいるはずの人間です」と言って笑った逸話がある。

44720:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:53:51

>>44477
>日本は無条件降伏したわけだが、奴隷、植民地にはなっていないけどな。
>てかそういう帝国主義は一次大戦で大体終わりを告げている。

そうやって、漫画を読む感覚で歴史を語るのは、一種の病気だな。
頭のご病気^^

「終わりを告げている」とかww
お前は時間の前後が逆転してるんだろうなw

44723:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:56:06

※44751
国や故郷や家族を守るため、っていう理由はイスラム原理主義者も同じだよ。
死んだら天国に行けるっていうのと、靖国に祀られて英霊になるっていうのも似たようなもんだね。

44724:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 15:56:28

※44712

源田氏は最後は紫電21型装備の松山343空司令で特攻作戦は行ってないぞ。
むしろ特攻作戦には消極派。

44725:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 15:58:29

>>44441
>正直な話、特攻は勇気や度胸じゃなくて、「他の人もやってるんだから、なんでお前やらないの?」って
>圧力に抗えない日本人の気質じゃないの?サービス残業や明らかに無茶な仕事を押し付けられても、

正真正銘の馬鹿だな。
軍人は命がけの作戦に参加する反面、ちゃんと高級の給料を受け取ってたんだが?

44726:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 16:00:39

>>44724
>源田氏は最後は紫電21型装備の松山343空司令で特攻作戦は行ってないぞ。
>むしろ特攻作戦には消極派。

で、他には?
少なくとも過半数以上の名前を挙げてくれよ

44727:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:00:48

源田が特攻に積極的であったのか消極的であったのかは専門家の間でも説が分かれてるらしいね。

44728:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:02:05

※44726
君日本語読めてないだろ。

44729:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 16:03:41

>>44717
>あと特攻隊員が家族に宛てた手紙なんかは戦後旧軍属の
>警察予備隊によって収集されて一部「行方不明」になってる。
>これもおそらく当時の指揮官の保身だろうね。

指揮官が警察予備隊に命令できるんじゃ越権行為もいいとこだなw
それとも警察予備隊は指揮官のメンツを保つことにメリットあんのw?

>「特攻は志願によるものだった。泣き言を言いながら死んでいったものはいない」
>というストーリーが必要だったんだろう。

「言った者はいない(皆無)」と言うストーリーがどこにあるの?教えて?
お前は、「泣き言を言った者は一人もいない」というストーリーを知ってるんでしょ?

44730:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 16:05:16

>>44728
>※44726
>君日本語読めてないだろ。

なんだ。源田以外に一人も知らないのか。
おまえ、もう詰んだな^^

44731:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:05:55

旧軍の幹部のうち責任を問われなかったものが警察予備隊、後の自衛隊に一杯入り込んでるんだよ。
そんな前提から説明しなきゃいけないのか。

44732:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:09:18

44724は源田は特攻に対して「消極的」な将校だったと言ってる。
名無しさん@Pmagazine君はもう一度レスを追って文脈を理解してきなさい。

44733:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 16:09:39

>>44731
>旧軍の幹部のうち責任を問われなかったものが警察予備隊、
>後の自衛隊に一杯入り込んでるんだよ。
>そんな前提から説明しなきゃいけないのか。

当たり前だろ。強弁や連呼とかハッタリが通用すると思うなよ?

お前は、「旧軍の幹部のうち責任を問われなかったものが警察予備隊、後の自衛隊に一杯入り込んでるんだよ。」
という知識があるだけで、その詳細には詳しくないから、
そうやってハッタリかまして逃げ回ってるのがバレバレなんだわ。

さて、お前さんは、
「旧軍の幹部のうち責任を問われなかったものが警察予備隊、後の自衛隊に一杯入り込んでる」事に
詳しいんだろ?教えてくれよ。お前さんが言い出した事なんだからできるよな?さぁ是非。

「それくらい常識なんだから俺が言わなくても分かるだろw」
って手口は通用しないからな?

せいぜい、メッキが剥がれないように頼むわ^^

44734:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 16:11:03

>>44732
>名無しさん@Pmagazine君はもう一度レスを追って文脈を理解してきなさい。

逃げ回らなくていいから

44735:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 16:12:16

>旧軍の幹部のうち責任を問われなかったものが警察予備隊、後の自衛隊に一杯入り込んでるんだよ。

誰だよ。いっぱい入り込んでるなら具体的な実名の
2~3人は挙げられるだろう?

まさか、実名の一人すら揚げられない、ただの「珍説」を、
お前さんは振りかざしてたってオチかい??

44736:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:17:00

教えてくれよって言われても、何を教えたらいいのか。
むしろ名無しさん@Pmagazine君に「旧軍OBを多く抱える警察予備隊が元将校のメンツを守るために隊員の手紙を隠匿したかもしれない」
という考えに対する反論があるなら是非それを聞かせてもらいたい。

44737:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:23:43

名無しさん@Pmagazineの取り乱しっぷりすごい

44738:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 16:29:04

程度の低いネトウヨってネタでやってるんじゃないかと思うことがあるけど、名無しさん@Pmagazineの人のこの感じは本当に単なるバカっぽいな。

44746:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 17:08:47

>>44738
>程度の低いネトウヨってネタでやってるんじゃないかと思うことがあるけど、
>名無しさん@Pmagazineの人のこの感じは本当に単なるバカっぽいな。

横槍は入れるけど具体的には言い返せない、
両親が密入国者の在日コリア人さんお疲れ^^

ネトウヨとは、街宣右翼と同じで、在日左翼が
日本人に成り済まして右翼のネガキャンをする人種です^^

お前さんの事です^^

44765:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 18:08:41

※44726
バカな奴だな、いきなり過半数挙げろってのはなんだ?

逆に積極派を過半数挙げてみろよwwwww

44794:名無しさん@Pmagazine2013年12月04日 19:29:40

>※44726
>バカな奴だな、いきなり過半数挙げろってのはなんだ?
>逆に積極派を過半数挙げてみろよwwwww

ほー。じゃあ、「過半数じゃなければ挙げれる」んだな?

お前さんの持ち前の珍説を理屈で覆すなら、過半数で逆転させればよかったんだが、
どうやら底が見えたな。お前さんのハッタリも。

そいじゃ、過半数とは言わないから、5人くらい挙げてもらおうかな?
過半数じゃ無理って事は、せめて5人くらいは挙げられるんだろう?え?

ま・無理だろうな。知能が働いてないから、「w」で字数を稼いでおる^^
恥ずかしいね^^

44856:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 22:16:58

さしずめ今なら軍部がブラック企業で国のためだと特攻で已む無く散って逝った兵隊さんは社畜って位置付け?

44859:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 22:30:14

そもそも軍隊では敵前逃亡→死刑。あまりにも現場の無能な上官はどさくさに紛れてぬっころされてる。

44917:名無しさん@Pmagazine2013年12月05日 04:10:28

>※44726
>バカな奴だな、いきなり過半数挙げろってのはなんだ?
>逆に積極派を過半数挙げてみろよwwwww

自分が墓穴掘った事に気付いて逃げちゃったか。
馬鹿だねー。思う壺だわ。

44919:名無しさん@Pmagazine2013年12月05日 04:12:25

>>44856
>さしずめ今なら軍部がブラック企業で国のためだと
>特攻で已む無く散って逝った兵隊さんは社畜って位置付け?

日本兵は大学出で高級取りのエリート公務員ですがw?
無知って怖いね~。

戦争が始まったら急に兵隊になって、戦闘機や戦艦の操縦を覚えるわけちゃうぞ?
日頃から公務員として訓練して、平時でも高級もらってるからな?

44920:名無しさん@Pmagazine2013年12月05日 04:14:18

>>44859
>そもそも軍隊では敵前逃亡→死刑。あまりにも現場の無能な
>上官はどさくさに紛れてぬっころされてる。

敵前逃亡が死刑になった例を具体的に教えて?
お前さんは敵前逃亡で死刑になった例に詳しいんでしょ?さぁ是非。

無能な上官が殺された例を具体的に教えて?
誰が?誰を?仮説でもいいから是非^^

45208:名無し++2013年12月06日 06:15:47

>>44920
海軍刑法第七十三条 故ナク職役ヲ離レ又ハ職役ニ就カサル者ハ左ノ区別ニ従テ処断ス
 一 敵前ナルトキハ死刑、無期若ハ五年以上ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス
 二 戦時ニ在リテ三日ヲ過キタルトキハ六月以上七年以下ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス
 三 其ノ他ノ場合ニ於テ六日ヲ過キタルトキハ五年以下ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス

45209:名無し++2013年12月06日 06:30:59

敵前逃亡で処刑された人は東南アジアでの戦闘だけでも公式に5000人
これらの人に遺族年金を受給させるべきかどうか国会でも議論されてるような話なのに何言ってんだ

あと敵前逃亡で処刑とされた人の中には不当に殺された人がいることも厚生労働省の調査で分ってる。この人達の名誉は未だに回復されてない

45211:名無し@まとめでぃあ2013年12月06日 06:56:50

特攻隊の人の遺書 色んな人がいる

私は明確にいえば自由主義に憧れていました。日本が真に永久に続くためには自由主義が必要であると思ったからです。
これは馬鹿な事に聞こえるかも知れません。
それは現在日本が全体主義的な気分に包まれているからです。
権力主義、全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも、必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。
我々はその真理を、今次世界大戦の枢軸国家において見る事が出来ると思います。
ファシズムのイタリアは如何、ナチズムのドイツもまた、既に敗れ、今や権力主義国家は、土台石の壊れた建造物のごとく、次から次へと滅亡しつつあります。
真理の普遍さは今、現実によって証明されつつ、過去において歴史が示したごとく、未来永久に自由の偉大さを証明して行くと思われます。

45380:名無しさん@Pmagazine2013年12月06日 21:52:07

>45209

>敵前逃亡で処刑された人は東南アジアでの戦闘だけでも公式に5000人

実名のひとりでも挙げろよバーカ。
お前は、実名の一人も挙げられない5000人の味方して何が楽しいんだ?え?

>これらの人に遺族年金を受給させるべきかどうか
>国会でも議論されてるような話なのに何言ってんだ

国会で議論wwwww
それ、野党じゃねーかよw 実名を挙げられもしない資料と、
「野党が自民政権を責めたてる道具」って、お前馬鹿じゃないの??w

>あと敵前逃亡で処刑とされた人の中には不当に殺された人がいることも
>厚生労働省の調査で分ってる。この人達の名誉は未だに回復されてない

じゃあその厚生労働省の資料を見せてくれ。HPにあるんだろ?
「この人達」ってどの人達??

45480:名無し@まとめでぃあ2013年12月07日 16:04:13

治安維持法忘れてる人間のクズ大杉ワロタ

45539:名無し@まとめでぃあ2013年12月07日 18:53:27

臭い在日が多いな

45947:名無し@まとめでぃあ2013年12月09日 16:29:53

※45380
実名上がるわけないでしょうに。敵前逃亡って不名誉な事柄なんだし。

つーか自民党が修正案だして敵前逃亡で処刑された人にも遺族年金が支給されるようになったので野党の攻撃材料なんてものではないです

昭和45年の改正
houko.com/00/01/S45/027.HTM#001

(遺族年金等の支給の特例)
第5条 軍人軍属が遺族援護法第4条第5項に規定する事変地若しくは戦地における在職期間内に死亡し、又は軍人軍属であつた者が当該事変地若しくは戦地における在職期間内の行為に関連して当該事変地若しくは戦地において死亡した場合においては、当該死亡が同法第23条第1項の規定による遺族年金(戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律(昭和30年法律第144号)附則第11項の規定による遺族年金を含む。)の支給事由に該当する場合を除き、その遺族に遺族年金を支給する。ただし、当該死亡が大赦令(昭和20年勅令第579号)第1条各号、大赦令(昭和21年勅令第511号)第1条各号及び大赦令(昭和27年政令第117号)第1条各号に掲げる罪以外の罪に当たる行為に関連するものであることが明らかでないと遺族援護法第4条第1項に規定する審議会等が議決した場合に限る。


47945:名無し@まとめでぃあ2013年12月18日 15:07:34

特攻賛美しなきゃ在日扱いか
ならお国のために日本の邪魔してるお前らの大嫌いな国に特攻してきてくれよ

48915:LSSAH2013年12月23日 13:53:00

特攻隊を馬鹿にするな!特攻隊はただ日本を守るために行ったんだ愛する祖国・守りたい人のために!彼らはけして戦争の被害者じゃない 彼らこそ真の英雄だ当時基地があったフィリピンの人達は彼らはヒーローだと言っている そうなことを知らないのは左翼思想になった馬鹿な日本人だけだ  ちなみに特攻隊の戦果は米軍兵士に戦闘神経症になるど被害を与えた

49098:名無しさん@Pmagazine2013年12月24日 08:11:45

>特攻賛美しなきゃ在日扱いか
>ならお国のために日本の邪魔してるお前らの
>大嫌いな国に特攻してきてくれよ

お前はその時、片田舎の小賢しい実家でブルッてろよ^^

50262:名無し@まとめでぃあ2013年12月29日 14:39:41

 結果として日本は敗北しているわけだろう。
それなら、やるべきことは『何故敗れたのか』を考える事であり、そのためには当時の状況を批判的な視点から見る必要がある。
当時のことを手放しで賛美するのは、同じ轍を踏みに行くようなもんだ。
何故歴史を学ぶかと言えば、それは過去の失敗から学び、同じ状況を回避するためでしょう。
 特攻隊員を偶像化するのは自由だけど、大部分の日本人がフィリピンの人が彼らをヒーロー視しているのを知らない以上、彼らは実際の戦闘で死に、思想上の戦いでも死んでいる。
 勝てば官軍と言う言葉通り、この世では勝ったものが正しいとされる。敗者にどんな事情があろうが歴史を編纂するのは勝者だし、美しい死を遂げた人間は、自分の死体を踏み躙られようが遺した家族を殺されようが、なにもできない。
 引き際を見誤った挙句、物理的にも精神的にも敵国と設定した国に侵略されるという結果を招いた、厳然たる敗戦を美化しようというのは真の愛国者のやることじゃない。
 いわゆるネトウヨと呼ばれてる人って、本当に日本人ですか?国籍がどうであれ、あなたがたは日本の国益を損なおうとしているのではないですか?過去の失敗を分析することをタブー化し、戦略的な過ちを賛美するという行動によって、いったい何をどうしようというわけ?

54074:2014年01月16日 19:37:17

特攻隊は悪く言われすぎじゃない?
まあ結果論として意味はなかったんだろうが、その精神性は尊敬に値するよ

54113:名無し2014年01月16日 21:37:24

俺はゆとり教育だったし、戦時の教育はされてねぇけど。
一緒に飯食った仲間や友達がたくさん殺されて、いつ自分が殺されてもおかしくない状況で
自分の命で敵に一矢報いることができるってなら、友の仇がとれるなら是非ってなるわ

57976:名無し@まとめでぃあ2014年02月04日 14:57:11

今でも親の乳を吸ってのこのこと生きてるやつらが神風を語るな

61113:名無し@まとめでぃあ2014年02月18日 06:27:18

某国では人間魚雷に大勢の女性が志願して実際に散って行ったんだけど
知りもしないで「女は~」とか言ってる奴いるな

62336:名無し@まとめでぃあ2014年02月22日 17:58:11

簡単に倒せると思った日本が、実際の戦場では無茶に突っ込んできたから怖かった。普通の国相手であれば、もう少し安全に倒せた。
力の差を埋める攻撃みたいなもん。

69990:名無しの日本人2014年04月03日 18:38:26

バカバカ言ってるけど、バカって言ってる人の中でどれくらいが実際に本の写真か実物の遺書「指揮官も特攻兵も」を見てるの?
後の時代の人から見れば良い悪いが簡単にわかるけど当事者たちには今自分たちが見てる情報の全てが手に入るわけじゃないし、未来がわからない以上どの選択が最善かもわからないんだから何を言ってもそこまで意味がないと思うんだ。確かに特攻作戦は良い作戦ではないけれどもそのことがわかってるのなら次ある時に同じ愚は犯さなければ意味はあるんじゃない?無いに越したことはないけど・・・
ただ逝った人間に対して悪いことは言うもんじゃないよ。特に信念があったわけだし、人の信念を批判したってしょうがない。

87550:名無し@まとめでぃあ2014年06月23日 16:30:20

今の日本には命をかける価値すらないけどね。

97811:名無しの日本人2014年08月06日 00:06:58

負けたら、経緯に関係なくダメなんだよ。
米兵みたいに頭足りてなくても勝てば正義なんだよ。

つまり、君がそう思うのは負けたからであって、勝ってれば英雄談だよ、それ。

101047:名無し@まとめでぃあ2014年08月18日 21:25:33

何が特別攻撃隊だよ!ただの体当たりじゃねぇかw戦争美化に反対!

101899:名無し@まとめでぃあ2014年08月22日 07:31:14

当時の苦労を簡単に切り捨てる輩は後世自分の存在も簡単に切り捨てられる存在だ。俺は負けたとはいえ、特攻隊員には心から感謝し、日本を良くするために頑張る。毛唐めいつか見ていろ!

103095:名無し2014年08月26日 20:03:48

片道分しか燃料入れてない戦闘機で戦艦に突っ込ませるなんて誰が考えたのだろう……

二度と戦争が起こらないようにしたい。

116062:名無し@まとめでぃあ2014年10月16日 18:31:54

米49098
さっさといけよ
明日にでも
お仲間連れていきゃそれなりの数になるだろ?
ネットで現実逃避してないでさ

120599:名無し@まとめでぃあ2014年11月03日 02:09:57

まあ、特攻をばかにするひとはしょせん武家の人間じゃないし、なんちゃって日本人か無知かでしょうな。
ちなみに自分の祖父と祖父の兄弟は特攻で死んだよ、おれは誇りとおもってるし、立派に御勤め果たしたとおもいながらちょっと残念とおもってる。
なぜ残念かとゆうとそれは命投げ捨ててまで守った日本(一部の日本人)がこうも祖父たちやったこと貶めるでしょう?敬意を示せまではゆうつもりはないから、せめて英霊たちが安らぎに眠らせててくれないでしょうか?
小さい時祖母がこうゆう特攻批判みるといつも泣きながら呟くんです、夫がこんな人達のために死を選んだわけじゃない。
あのときは意味わからなかったけど、いまとなってわかった気がする。
まあ、ちょっとした思い出話ですけど、深い意味はないです。
ただ、国が危ないときなったらおれはいくつもりです。先人たちをバカにする方々を守るためにね。

126913:名無し@まとめでぃあ2014年12月06日 09:10:39

責任感ある若者が死んでこうやって特攻ばかにして泣きべそかきながら逃げまくっておいて弱者をいじめるやつが生き残ってるんだからクソみたいな日本になるのはある意味必然だな。

133531:名無し@まとめでぃあ2015年01月13日 03:22:36

家族の為に命令に従っただけだろ。
命令違反で自身は銃殺と非国民として家族が生きていけなくなるか、命令に従って自分だけ亡くなるか。
特攻隊を馬鹿にしてる奴は、この2択の状況でどっちを取るのかな。

143376:あああ2015年03月03日 01:21:02

バカバカ言ってるやつ、現実ではネットでエラそうに吠えてると思うが、ある日、突然戦争時代へタイムスリップしてたら先程の態度が180度変わり小便漏らしながら「ママーこんな特攻隊なんか行きたくないよー」と泣き騒いでるでしょうw

144735:kaze2015年03月09日 00:11:14

戦争で国の為にと思って
亡くなった人々を
ばかにしてんじゃねぇよ!!

172111:名無し@まとめでぃあ2015年10月05日 22:10:21

↑何言ってんだこいつ
出撃を強制されただけだろ
それこそ原爆を落としてほしくて特攻したんでは?

174192:2015年10月28日 07:51:33

いや普通に馬鹿だろ
当時の国家も軍人も国民もみーんな馬鹿
特攻が戦術的に合理的?そりゃ命中すれば合理的だろうよ少人数の若い命だけを犠牲にして1隻でも撃破できるなら。
だがそんな合理的な手段を用いた結果が敗戦。見事に無駄死にだろ
日本は馬鹿みたいに意固地になって、負けると理解していながら無謀な作戦命令ばかりした
迅速に正しい判断をして降伏していれば特攻での犠牲も減らせたしアメ公も「しゃーねぇ原爆落とすか」とはならなかった
特攻作戦もそうだが国全体が洗脳でおバカ状態だった
だが今の日本があるのも彼らの行動の結果と言えるので感謝はしよう

175537:名無し@まとめでぃあ2015年11月10日 15:14:20

感情論で話すなよ。普通に考えたらアホ。若者たちの勇気は褒め称えるけれどもそれが正義感から来た勇気なのか。戦争自体悪だから賛成はできんね。

190727:名無し@まとめでぃあ2016年06月21日 22:47:49

※174192
朝っぱらからニートが何偉そうに「感謝はしよう」だよ
テメェ如きに感謝されるなら死んだ方がまだマシだろうな

194650:名無し@まとめでぃあ2016年08月16日 11:21:19

捕虜になれば奴隷だから。土人は奴隷を選択するが、崇高な日本人にはその考えは無かった。

206902:    2017年04月18日 09:30:34

特攻という、人間の命そのものを兵器として敵に体当たりさせた

日本の軍上層部は、悪魔に魂を売った者として

100年先、1000年先まで批判されるべきです。


これはもはや戦争でも戦闘でもありません。

206906:    2017年04月18日 09:38:16

悪いのは当時の日本軍の上層部
しかも部下を無駄死に特攻させておいて、戦後切腹したのは何人?
ほとんどがのうのうと生き残ってたんですよね?

特攻隊はそういう連中の被害者
あの時代に特攻拒否なんて一般人にはできない今だって空気読むっていう日本

206908:    2017年04月18日 09:40:52

>だが今の日本があるのも彼らの行動の結果と言えるので感謝はしよう


彼らが生き残れていたら、日本はもっと良かった
特攻隊はエリートが多かった

こんな優秀な人を無駄死にさせた日本軍上層部は本当に酷いもっと批判されるべき

206909:    2017年04月18日 09:47:45

>軍部がこの作戦を立案するまでもなく、
>勇敢な兵士が特攻攻撃を選ぶ場面が多々あった。


そんなのあったとしてもごく一部でしょ?
殆どがいやいや、でも表向きには志願で特攻したと

有名なパイロットの証言がある

206910:    2017年04月18日 09:51:41

>特攻ばかにして泣きべそかきながら逃げまくっておいて弱者をいじめるやつが生き残ってるんだから


日本軍上層部のことですねw


特攻は逆らえるわけない部下に押し付け生き延び、

戦後は特攻は志願だった勇ましい連中だと美化してる、、、

ここ三日の人気記事

このサイト
特に面白くありませんが、初めての方は
このサイトについて
をごらんください。
サイトを初期デザインに戻しました。
試行錯誤中。

この日記のはてなブックマーク数
Twitter Twitter rss
はてブしてくれると嬉しいです。 ツイッターとかやってみました。 RSSとかも配信されてるようです。


開設から 日経過
■コメント数: 235173件
■総記事数:

リンク・その他お問い合わせ
メールフォーム
月別アーカイブ