​​

進化論を正しいと思ってる人きて

進化論を正しいと思ってる人きて
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:59:41.46 ID:1hZoGuGd0
もしそうなら人間はこれからどんどん変わるって思うの?
引用元:進化論を正しいと思ってる人きて
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385999981/


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 00:59:41.46 ID:1hZoGuGd0


もしそうなら人間はこれからどんどん変わるって思うの?



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:01:16.90 ID:aRNel9XXi


進化論が世間で正しいと言われれば正しいと言い
正しくないんじゃないか?と言われれば正しくないんじゃないか?と言う
お前らなんか所詮その程度

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:03:21.56 ID:1hZoGuGd0


>>3
いやそこで所詮と言うのはおかしいだろ
義務教育の中ではその国の選んだ教育法で教えられるからそれが正しいと感じるのは当然
ただ大学に進み自由に学べる中で疑問を持たず受け入れているだけならアホ


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:07:46.11 ID:aRNel9XXi


>>6
子供に限定した訳じゃないから
後半は俺が言ってるのと同じこと
世間にある知識をさも自分が発見したように言い
世間に批判されてる事は自分で考えたかのように批判する
所詮お前らはロボ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:15:48.15 ID:1hZoGuGd0


>>9
既存の情報から自分で答えを探すのってそんなにおかしいことか?
たしかに知識などは先人などが生み出したのを取り入れることばかりだと思うが
大事なのはそこから自分で考え選択することだろ
ロボットは与えられたプログラムに従って機体を動かすだけのものだから違う
あとお前らって言っているがお前は違うってことか?




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:02:46.90 ID:uTGSOvWJ0


原人以降は退化しかしてないよ



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:06:44.79 ID:0RXF5Ohr0


キリンの首が最初から長いとはどうしても思えないんだが



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:08:44.61 ID:kMaZvih10


足の小指は将来消えるぜ。



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:13:00.54 ID:aD+kttILO


親知らず生えない人は増えると思う



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:13:58.67 ID:kMaZvih10


ウイルス進化論はまあ認められてはいないみたいよ。



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:19:08.77 ID:9s+H+HEZ0


進化論が間違ってるって人は何が正しいと思ってるの?

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:21:22.01 ID:3Ez0pHxGP


>>28
神がおつくりになった


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:23:08.95 ID:ImmqH5Uq0


>>30
宗教信じてるわけじゃないけどほんとこれ
複雑な内部構造の生命体なんて自然に出来るわけない


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:24:04.39 ID:5WvekA8l0


>>34
じゃあ神はどうやって生まれた・・・?


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:26:41.86 ID:HN7JXs5n0


>>36
妄想に決まってんだろ




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:21:53.06 ID:j2Lv4BMK0


平均身長や年齢が延びたのだって進化だよな

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:23:55.66 ID:JxJDPgly0


>>32
平均身長に関しては成長期の食物摂取が容易になったから
年齢が伸びたのは医学の進化




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:27:59.29 ID:TNVBuA4g0


機械が進歩していくにつれて段々人間の機能がひとつずつ要らなくなっていって
どんどん肉体のパーツがなくなっていって最終的に意識だけが残るという妄想

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:30:51.72 ID:JxJDPgly0


>>43
脳の情報を完全に把握出来たとしても
その意向については色々な者からの反発で妨げられると思う




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:29:52.34 ID:TzNRZZpK0


つかさ、正しいものを100%ただしいとするのは科学的ではないだろ
ある視点においては100%事象でも大元が起こらない可能性まで考えると決して100%にはならない

だからいつだって確からしい
という積み上げだけが残る
それが現代科学

進化論は適応なので、人間がめっちゃいまの状態で生きられなくなって
それでもなお生き残れるなら変化はあるかもね



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:33:23.21 ID:HN7JXs5n0


生物多様性が損なわれるだなんだ言ってるけどさ、結局人間本位の考えだろ


つか、普通なら何万年って掛けて起こる自然の変化をある程度意図的に起こすことが出来る
人間って生き物が地球に生まれた瞬間から生態系が変化することなんて想定内だろ

人間が起こした急激な環境変化に人間以外が適応していく中人間が取り残され、
最後には絶滅すると思われる
それか、人間の科学力がそのスピードに喰らい付いていって人間が環境に適応できるようになるかもな
どちらにしろある日を境に指数関数的に生物の進化が起こることになると思われるから・・・

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:34:51.62 ID:TzNRZZpK0


>>52
何万年単位の自然変化を短期で起こしたら適応が起こらないし
変化を強引に起こしたら、それに対応する自然がない

どっちにしろ進化ではない




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:36:47.02 ID:qH9IMgLD0


進化論が正しいならなんでキリンは高い木の草しか食べようとしないの?
地面に生えてる草も食べられるようになれば得られる食事がふえるんだから生存にかなり有利じゃん

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:38:34.16 ID:TzNRZZpK0


>>56
進化論間違って覚えているとおもわれ

キリンは高いところの餌を食べるために進化したのではなく
高い餌食ってるやつらが生き残っただけ
突然変異による変化もあったといわれている


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:40:52.64 ID:qH9IMgLD0


>>58
だから高いところの餌と低いところの餌両方食える奴がより有利なんだからそういう奴がいてもおかしくないじゃん
定期的に乾季が来るような厳しい環境なんだからなおさら


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:41:58.98 ID:TzNRZZpK0


>>60
食える位置なら両方食うだろうさ


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:44:14.33 ID:qH9IMgLD0


>>63
じゃあなんでシマウマとかは生存競争で駆逐されないの?


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:46:40.40 ID:TzNRZZpK0


>>65

ある程度のグループ(キリン、シマウマ、イボイノシシ等)を含むが生き残れる
程度の食料バランスがある


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:48:21.34 ID:qH9IMgLD0


>>68

キリンも地面から生えてる草を食べるなら当然シマウマなんかと生存競争が起こるんじゃないの?
んで生存競争が起こった結果負けるのはシマウマだろ?キリンは高い木の草も食べるんだから


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:49:28.78 ID:TNVBuA4g0


>>72
キリンとシマウマだけで生存競争してるわけじゃないので


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:51:26.70 ID:qH9IMgLD0


>>74
そりゃそうだけど他に何か絡む要因あるの?
キリンがサバンナで唯一の草食動物になっててもおかしくないだろ?


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:53:14.83 ID:TzNRZZpK0


>>80
食いもんがちがうから、キリンだけがくいものなくなって死ぬパターンもあるよ




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:38:36.58 ID:0fgDoW8W0


例えばウィルスでもそうだけど感染する対象や薬に対して免疫を付ける等をした上で新型ウィルスというものが発見されている
ゴキブリなんかでもそうだと思う

人間で例えるならマサイ族なんかは目が発達している
彼らは視力が必要な環境下で育っているから目が異常に良い
しかしそれは何年も何代もかけて成長しているから発達した彼らにとっては、それがごく普通の事
日本ではその必要が無いから目が悪い

これらも小さいが進化じゃないかと思う
その小さな進化を続けた結果が今の人間じゃないかな?
とマジレス長文失礼

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:41:25.05 ID:TzNRZZpK0


>>59
大事なのは必要だから進化したのではなく
いくつもある小さな変化グループの中から環境に適応したのが生き残っているということ

ウイルスとかにしても、もともとそういうグループはいたが
その他のグループが強すぎて埋没していた


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:52:36.43 ID:0fgDoW8W0


>>61
それを少しずつ重ねていった結果が進化&退化じゃないの?


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:54:50.80 ID:TzNRZZpK0


>>84
そう
だけどかれらに指向性はない

あと進化とか退化って言葉のくくりはもうやめたほうがいいと思う
実態とあっていない

進化、退化だと、生物が進歩したり、後退しているイメージなる
そんな現象ではない


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:00:08.92 ID:rMBiDjRB0


>>90
クジラにはもともと足が生えてて、それを失ったのは退化だけど……
みたいな話だよね?
変化の中で新しい形質を得れば進化、失えば退化なんだろうけど
言葉のイメージだけ先行して変に理解してるヒトっているよね

「進化の逆は退化じゃなくて無変化」って誰かが言ってた


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:28:15.68 ID:0fgDoW8W0


>>103
なるほど言葉によるイメージか
>変に理解
例えばどんな?


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:37:19.88 ID:rMBiDjRB0


>>167
「退化してるから劣っている」っていう考えは良く見るよね
最たるものが優生論
遺伝子レベルの人種の差異を「優れている」「劣っている」で分けて差別するのは酷いよね
遠くまで見える眼でも、要するに遠視のことなんだから近くははっきり見えないし、
場合による得意不得意があって優劣ではないのに、そうやって区分したがる輩がいるんだよねえ


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:03:47.78 ID:0fgDoW8W0


>>186
成る程
103の話ではクジラには足があって無くなった
これは必要が無いから無くなったのであって退化とは少し違うよな
必要なのに無くなったのであれば退化だろう
では進化論に対する新しい名前を付けるとすれば何だろう?


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:09:27.40 ID:rMBiDjRB0


>>240
それこそ「停止論」じゃないかな
生命は既に創造より完成されているから不動のものである、ってね

まあ要不要で進化と退化を区別するのも間違ってるけど
例えばクジャクの雄の羽根は美しく進化した、美しさという価値を得た
でも重くてエネルギーを無駄に喰う器官を生み出したことは退化とも言える
表裏一体だね


350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:41:34.05 ID:0fgDoW8W0


>>261
なるほど
確かにそうかもね
マサイの話が多くて申し訳ないが遠くを見る目が発達した代わりに近くが見えにくいのもこれに当たる

じゃあ免疫についてはどう思う?
薬や毒に対して免疫や慣れがある事については、免疫が出来る前に比べて劣る部分が思い当たらない


356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:46:38.61 ID:rMBiDjRB0


>>350
免疫系とかはそれを生み出すための複雑化そのものがデメリットじゃないかな
アレルギーやアナフィラキシーショックは免疫系が無ければ起きないしね
他にも毒を持てば捕食で有利で敵にも喰われにくくなるけど、毒を生産したり
自分は毒を受けないように体を作ったりする分、生存に必要なコストが増えてる




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:44:57.78 ID:hEY7FBrz0


まだミッシングリンク出てないのか
誰か説明してください

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:47:54.68 ID:TzNRZZpK0


>>66
変化途上の組織は小さすぎて化石として残りにくいので
見つかる可能性はかなーりうすい


ミッシングリンク
連続性が期待されている事象に対して、非連続性が観察される場合、その比較的顕著な間隙を指す。

生物の進化を例にした場合、それを乱暴に要約すると、「種族A」→「種族B」→「種族C」の順に進化する過程があったとする。その過程で、この種族の形は次第に変化するが、Bを飛ばしてAとCを見比べると、その間に劇的な変化が発生しているようにみえる。
このとき、その劇的な変化の中間に位置すると推測できる「種族B」がどのような存在であったか、また、そもそも種族Bという存在があったのかどうかすらまったく不明な状態において、そこから仮定されるBがミッシングリンクである。別パターンとして、「種族C」という存在は確認されているが、それ以前の始祖がどのような形態であったのかが不明なケースもある。



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:48:45.77 ID:Xgp0eq640


キリンさん地面の草食えるからな
じゃなきゃ水飲めねえよ
雨を直接飲むんかいな



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:49:46.67 ID:TzNRZZpK0


いまの肉食獣のていたらくを見ていると
肉食獣対策をしなければならんほどの圧力があったのかちょっと疑問だよね

いつだって、大地を荒らすのは草食動物



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:50:49.39 ID:Xtw+jfdn0


犬猫だってたかが数十年で品種改良されるんだから
自然が環境による選択をすればン百万年単位で進化しないわけがない



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:55:31.49 ID:rMBiDjRB0


世代交代が激しい昆虫では実証されてるな
有名なのは工業化で白樺がタールで黒く汚れた結果、白い蛾が黒くなったって奴
木が白い時は鳥などの天敵から発見されにくいために白い個体が生き残り、
木が黒くなると逆に黒い個体が生き残るため増える
進化論だけでは説明つきそうにない理不尽な生き物の多いけど、
自然淘汰とかの理論そのものはある程度正しいだろう

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:57:35.77 ID:Xtw+jfdn0


>>94
その自然淘汰の装置を創造者が創った、って理屈ならわかるんだけどな


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:59:22.26 ID:44Z//nF20


>>96
必然だと思うけどな、黒い木に白いのが止まってたらそりゃ天敵に狙われやすいじゃん


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:03:04.79 ID:rMBiDjRB0


>>100
その「あたりまえ」の積み重ねが、一見奇妙な体の構造を生み出したワケで

象の鼻なんかもなんで鼻伸ばしたんだよって感じだが
上唇が草を千切るのに都合よく動く奴らが残って、鼻と一体化しつつ筋肉も発達して
高いところの餌も獲れるようにあれだけの長さがあった方が有利だから今の象の姿があるわけで




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 01:57:41.68 ID:JbWO9sER0


棲み分けした方が有利だったという「結果」だけがある

両方食えれば有利かどうかのデータはない
中途半端だとバッティングしてむしろ総量が減る場合もあるし
縄張り争いのための機構を体に備えなくてはならないコストもかかる
巨木の若葉を独占できなくなって巨体を維持できなくなる可能性も高い

淘汰圧を超えた現段階はこれがとりあえずベターなんだよ



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:02:56.57 ID:I4uOip8r0


キリンもシマウマも今現在の環境で十分ニッチを獲得できてるから生存競争する必要がない
そもそも生物において進化は環境が変化しない限り必要ないから



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:05:12.04 ID:uYFCm8ei0


気道と食道を共有する設計って、なんかメリットがあるの?

121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:09:17.49 ID:rMBiDjRB0


>>113
肺は元々魚の浮き袋
ガス交換機能を鰓から肺に移していく過程で自然に食道と繋がったんだろ
食道と気道を別にするより、共用して弁で使い分ける構造の方が先にできて
それでそこまで不便が無かったから今まで残ってるんだと思う
メリットというか、ある程度不自由でも進化の過程だからね
最適化はされてない、その場その場である程度有利っていうのが積み重なった結果だし




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:06:08.67 ID:Xtw+jfdn0


オーストラリアの有袋類が他の哺乳類と似たような進化してるってのはどうなんだろうな
「あらかじめ進化の設計図がある」って理屈ならそうなのかな?と思える

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:09:20.60 ID:uYFCm8ei0


>>118
環境が生物の形態を決めているなら、似ている環境なら似た形態になってもおかしくないのでは。


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:10:47.87 ID:I4uOip8r0


>>123
それを収斂進化という


収斂進化
複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に進化する現象。たとえば、モグラの前足は分厚く、爪が強く、指その物は短くなっており、明らかに穴を掘るために役立つ形である。そして、同じく穴を掘って暮らしている昆虫のケラの前足を見ると、やはり丸っこくて、周りに爪状の突起があって、動かし方も良く似ている。これらは、いずれも穴を掘るための器官としての適応の結果であると考えられ、元々は大きく形が異なっていた節足動物と脊椎動物の足がそのために外見的に似た形となったと考えられる。この様な現象の事を収斂進化、あるいは単に収斂と言う。



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:17:06.09 ID:rMBiDjRB0


そういえば「聖書に神様が動物全部作ったって書いてあるじゃん!」
って言って進化論否定するけどさ

「神様が進化して今の姿になるように最初の生き物作った」

みたいな考え方って許されないの?

聖書に書かれてる魚とか牛とかは今の姿じゃなくて、現代で魚や牛になる元を指してて
神様がそういう因子を与えて最初の生命を作ったよって言うんなら矛盾しない気がする

ただしどっかの土人形とその肋骨から生まれた奴は除く

152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:20:37.40 ID:Xtw+jfdn0


>>142
インテリジェント進化論って言うんだっけ?
それなら理解出来るんだけどな
進化論という現実を否定するのは理解出来ないよな


ID説
インテリジェント・デザイン。
知性ある何かによって生命や宇宙の精妙なシステムが設計されたとする説。



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:21:07.82 ID:JZpcRM9H0


大脳の発達した個体が残ったというのはどういうアレなんだろうな

162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:26:52.55 ID:JbWO9sER0


>>153
幾らでも策を弄せるから槍でも作ったら即その集団で最強でないか?
まぁすぐ普及するんだけど

そこからは時系列性やミラーニューロンの発達などを経て
集団生存を図った方が良いことを悟る
集団生存感の反応が友情や愛情などとして芽生える
利害関係で繋がり分業しまた集団ごとで争いつつ現在に至る




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:27:51.05 ID:ZKkiSUAS0


そもそも人類同士以外の外敵がいなくなった以上進化の必要性はないからもう止まってるだろう



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:30:05.45 ID:f7oL3/+s0


虫なんかを見てると神がデザインしたとしか思えなくなる
葉っぱや小枝にそっくりなのとかいくら自然淘汰にしてもできすぎだろ

176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:33:05.24 ID:Xtw+jfdn0


>>173
同じ宇宙という規則・システム・ルールの上での進化なんだから
似た姿に進化するのは実は意外と簡単なのかも知れない
むしろ未だかつて無い姿に変化する方が労力要りそう




193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:42:43.40 ID:rMBiDjRB0


というか別にキリンが進化する必要はないよな

キリンと共通の祖先から、下の草も喰いつつ上の木の葉も食える種類が派生するだけでいい
キリンはキリンで生き延びてるんだから、木が全部枯れ果てるまではそれで生きていけるし
というか、そういう種類も派生したけど、結局キリンと見た目が違う種類になったか
効率悪くて生存競争に置いてかれて滅んだかだろうね
今からキリンがもう一度そういう種類に分化するかも知れないね、何万年もかけて



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:42:49.95 ID:f7oL3/+s0


そもそも考え方が間違ってるんじゃね?
キリンを含め昔は体を大きくする事で生存競争を勝ち抜いてきた
ただキリンは全体のバランスよく大きくなるのではなく、縦に大きくなることになってしまった
結果高いところの餌しか食べられなくなった

203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:47:35.78 ID:rMBiDjRB0


>>194
その考え方の間違いを正すのが難しいんだよなあ
進化論を勘違いしてる人に多いのが「頑張ってできるようになった」みたいな思考
獲得形質は遺伝しないっていうのが理解できてない
整形美人の子供が美人になるかって話なのにね
だから「なぜそういう風に進化しない?」とか言っちゃうんだよね
そうじゃなくて、なるようになった結果今の形に進化したんだって




198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:45:09.32 ID:TIVnTFRP0











201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:47:02.52 ID:TIVnTFRP0






218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:54:30.50 ID:pnSh4EZt0


やたらクオリティの高い擬態も自然淘汰の結果なのかな



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:48:48.46 ID:JbWO9sER0


残っただけなんだよな
それに最高効率だけが残るわけでもないし
永遠に途上だし



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:52:16.28 ID:JbWO9sER0


淘汰圧がかかってないんだよ
別に視力とか要らん
今で滅ばない程度には食っていける
かと言って困ったらそうなる様なものでもない
困って滅んだらそれまで
変異したルートが解決してればそのルートが残るだけ



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 02:55:04.99 ID:jj/WK31m0


チンパンジーが人間みたいに進化してないの可笑しいやろ
進化論は天動説と同じレベル

254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:08:13.73 ID:jV8cmiZC0


>>220
人間とチンパンはすごく差があるように見えるけど、実はほとんど変わらない
ただ、知能は少しの差で歴然とした違いがあるように思わせてしまう




248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:05:51.73 ID:krF8VRFR0


進化を語るときによく、この生物のこの機能が生き残るために必要なものだった、
みたいな話をするけど
それは後付け的で、それと同じような機能をもった生物は他にもいただろうし、もっと優れた機能を持ってる生物もいたのになぜかその生物が淘汰されずに残ってきたってことが後から考えればある進化論はなんか腑に落ちないところがある。

251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:07:48.13 ID:uYFCm8ei0


>>248
それは人間の一生という極めて短い期間でも良くある事じゃね?


280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:15:20.97 ID:krF8VRFR0


>>251
確かに人間でも能力があっても運がない人間は資質に見合った待遇をうけないことはあるけど、一つの種が進化するのには途方もない時間がかかりその間何世代にもわたって生命が更新されていけば運は一定に収束しそうなもんだと思えるんだけどな


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:07:51.80 ID:97fec2j00


>>248
結局は運が良かったから生き残ってるだけだからなー




276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:14:00.47 ID:lha51oEF0


数百年先の人間は運動をしなくなるから手足と体が退化して変わりに脳が発達するから頭がでかくなる、空気が汚れてるから鼻と口は小さくなるって何かの本に書いてあった

286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:17:44.35 ID:JZpcRM9H0


>>276
わざわざ遺伝的に解決しなくても適応できるのが人間なんだよなぁ




292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:19:23.66 ID:jV8cmiZC0


進化論が有効なら俺は今頃禿げてないハズだ!

297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:21:00.17 ID:uYFCm8ei0


>>292
人間は、何故だか理由は分からないし、別に理由なんか無いのかもしれませんが、
体毛が薄くなる方向に進化していますので


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:22:53.39 ID:pnSh4EZt0


>>297
髪に関してはそうじゃない

つまり>>292は新人類。鷹とかの空の捕食動物に対して目くらまししてる




302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:22:58.44 ID:zWDiEe9hi


と言うよりさ
キリンの首が長いのは敵対生物を威嚇するためでもあるんだが

307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:24:35.62 ID:eSCRsl4f0


>>302
結果、首の筋肉が発達して武器になってるから進化としては御の字だよな


319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:28:27.61 ID:fZy0DlFj0


>>302
キリンの体の長所は「細身で涼しい」というのもある
あいつら熱を溜めないから日陰で休む必要が無い




309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:25:17.35 ID:zWDiEe9hi


ちなみに人間は進化と言うより退化してるな
より原始の存在に近づいていくだろう

316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:27:33.68 ID:eSCRsl4f0


>>309
生肉食べれないのは退化だわな。
一部の種族食べてるみたいだが。
これから先、宇宙に行けば脚も小さくなるのかな




315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:27:03.45 ID:krF8VRFR0


魚みたいに一世代で大量の子孫を残すタイプの生物は可能性としては進化しやすそうだけど
哺乳類の進化ってどうもリアリティを感じられないよな

321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:28:45.20 ID:zWDiEe9hi


>>315
逆じゃないか?
数が多ければ進化する必要ないし


337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:33:49.25 ID:krF8VRFR0


>>321
進化ってつまり偶然に偶然が重なってその時にたまたま環境に適合性の高かった生命が子孫を残して変化していくってことだろ?
だとしたら更新頻度が少なく一世代あたりの子孫の生産も少ない生物ってのは偶然の可能性が極めて少ないような気がするってこと


342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:37:14.68 ID:zWDiEe9hi


>>337
進化が偶然からなのか種の本能からなのか解らんしなぁ
多数のなかから突然変異は生まれるがそれを進化と呼んでいいのか




323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:29:31.43 ID:fvsYmgmk0


柔らかい物を食べアゴは退化する
知識を詰め込み脳は進化する
室内に篭り肌は白くなり
細かい作業が増えるから目が大きくなる
さらに機械での移動が主流のため体はヒョロくなる

これらの特徴は俺らが想像している宇宙人(エイリアン)に近い
宇宙人と思っていた物は実は未来から来た地球人では無いのか



と、いう何の根拠も無い話に納得してしまった


329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:31:21.19 ID:Sg8Ulbp10


>>323
親指がないあたり、某ネズミからの進化では…おや、こんな時間に誰か来たみたいだ


345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:39:17.62 ID:Sg8Ulbp10


>>335
言われてみれば面影があるような気がしてくる不思議


340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:34:25.53 ID:fZy0DlFj0


>>323
典型的なラマルク流進化だな


ラマルク進化論
ラマルクは自然発生説を信じていた。このことが彼の進化論に決定的な意味を持っていた。彼は最古に発生した生物が現在もっとも進化した生物であると考えていたのである。
彼は個々の個体がその生涯に応じて体を変化させ、変化の一部がその個体の子孫に継承されることで生物は進化していくと考えた。子孫はその親より進んだ位置から一生を始められるから、有利な方向へ進化する事が出来る。適応の生じる機構としては、彼は、個々の個体がその種の能力をよく使う事でそれを増加させ、またある物を使わない事でそれを失うと説いた。

ラマルクは、2つの法則をまとめている。

発達の限界を超えていない動物であれば、如何なるものでも、頻繁かつ持続的に使用する器官は、次第に強壮に、より発達し、より大きくなり、その力はその器官を使用した時間の比率による。これに対して、いかなる器官でも、恒常的な不使用は、僅かずつ弱々しくなり、良くなくなり、次第にその機能上の能力がなくなって、時には消失する場合もある。

それぞれの個体で、自然に獲得したものや失ったものの全ては、それがその品種が長い間置かれていた環境の影響によるものであっても、そしてそこから生じた特定器官の優先的な使用や恒常的な不使用の影響によるものであっても、獲得された形質が両性に共通であるか、少なくとも子供を作る個体に共通ならば、それらは、その個体の生殖による新しい個体に保持される。そしてある個体が獲得した形質は、次第に同種の他の個体にも共有される。

1つ目の法則が「用不用説」の用不用の部分に、2番目の法則が「獲得形質の遺伝」にあたる。



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:32:31.90 ID:zWDiEe9hi


進化論自体が進化してるんだから結論でないだろうな



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:58:07.32 ID:DKCPC1+F0


てかキリンは下草食う必要あるのか?

391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:59:57.52 ID:qH9IMgLD0


>>381
リクイグアナはサボテンに登らなくても落ちる実を食べられたけど
最近サボテンに登る個体がでてきたよ?




389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 03:59:33.38 ID:yqsvx/mD0


で 馬とキリンの中間の化石はみつかったのか

418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:07:49.95 ID:UkaobGPQO


>>389
簡単に化石と言うけれど化石ってかなりのレアアイテムだよ
大型動物、それも水辺から離れて暮らしているとなおさら


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:09:50.86 ID:yqsvx/mD0


>>418
でも進化にかかる時間も長かったろうし
一つもないのはおかしいだろ


447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:17:01.82 ID:UkaobGPQO


>>424
おかしくはないんだ。下顎しか見つかってない動物とか珍しくないんだ
死体ができると肉食動物が脚とかバラバラにして持って行くし骨もそのままだと風化しちゃう

死体が洪水なんかで流されて泥に埋まって保護されて、掘り返されないで始めて化石になるんだ

他にも地殻変動とかの影響もあるから本当に珍しいのよ




407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:05:03.53 ID:krF8VRFR0


進化ってのはDNAの変化のことを言うんであって
人間が昔より多くの食料を食べれるのうになったから平均的に体重が増え、身長が大きくなったってのはあくまで環境によって設定値が少し変わったってだけのことでそれ以上でも以下でもないでしょ

キリンの話しもそうで意図して生物がDNAの配列を変えられるわけではなくたまたまそのときに環境に合致した生命のDNA配列が首の長い生物が今のキリンだったってだけでしょ



431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:12:33.51 ID:CgsPIz4T0


キリンって下向くのに血圧やばいからしんどいんでしょ

459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:20:18.14 ID:PotV4Hti0


>>431
キリンの首の血管には弁がついててな、下むいても逆流しないようになってる
そして後頭部のワンダーネットが急激な血圧変化を吸収して立ちくらみを防ぐ


462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:21:16.79 ID:CgsPIz4T0


>>459
ハイテクでますますキリンこわい


468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:22:57.46 ID:PotV4Hti0


>>462
あいつら意外とアグレッシブに頭振り回すからな
当然といえば当然
繁殖期のバトルは面白いぞ




453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:18:50.21 ID:DKCPC1+F0


キリンだって引っ込みがつかないんだよ、俺は首を伸ばしてくスタイルでサバンナ一の動物になるとか言っちゃったんだよ
今さら方向転換は効かないんだよ



485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:28:01.69 ID:fZy0DlFj0


進化の方向でこうなったほうが便利なのに
なんて言い出したらキリが無いんだけどな
パンダなんてお前はやる気あんのかってくらい不便だらけ
一度肉食になってから草食に変えたが、もう戻れませんてだけなんだけど

495:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:31:00.72 ID:UkaobGPQO


>>485
きっとパンダはやる気の全てを指につぎこんだんだよ




488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:28:47.03 ID:CgsPIz4T0


オカピからたどってみたけど・・・

シバテリウムきめーーーー



490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:29:26.69 ID:3il8MysX0


オカピさんそんなキモかったかなって思って調べたらすごいキモかった



499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:32:39.77 ID:PotV4Hti0


オカピは何がキモいってあの尋常じゃないレベルで伸びる舌がヤバイ
一節によると自分の耳を舐められるらしい

506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:34:29.49 ID:wkh+JjzIO


>>499はれ


514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:38:17.94 ID:PotV4Hti0


>>506




511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:37:06.03 ID:CgsPIz4T0


食い続けられるように進化したくないんでしょ
べつに
いまんとこ



522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:44:50.68 ID:nLqbDM6w0


自然選択説を知るべき
進化論っていうとポケモン的な発想に毒される

526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:46:50.62 ID:fZy0DlFj0


>>522
あいつらは子供達の正しい科学的知識のためにも
きちんと変態すべきだよな




528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:47:31.17 ID:/xtZ4C1hO


マンボウが未だ生存してる事実について

540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:52:29.66 ID:PotV4Hti0


>>528
最近人間のマンボウに対する認識が甘かったことが証明されてる
あいつら普通に泳げるしイカやエビ捕食出来る程度には凄い
そして深海だろうが平気で潜れることも発覚した


548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:54:07.60 ID:3il8MysX0


>>540
マンボウって触ったら死ぬレベルの超ペラッペラ生命体だと思ってたわ
イカ食べられるくらい強いのか奴らは


553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:56:13.13 ID:Sg8Ulbp10


>>540
海遊館でひたすら壁に向かってダラダラしてたアイツはただやる気がなかったのか

監禁ニート生活の犠牲者だったんだな


559:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 04:59:41.91 ID:PotV4Hti0


>>553
水槽が狭くて本気だそうにも出せなかったんだろうな
あいつらが本気出すには相当な大きさの水槽が必要だと思う
平気で水深800mとかまで潜るからな




585:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:08:47.05 ID:PotV4Hti0




実際この体勢って結構合理的だと思うんだよね
巨体だから座るのは基本的によろしくない

590:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:12:00.62 ID:n47nXXUb0


>>585
苦肉の策だろ




587:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:09:22.56 ID:eSCRsl4f0


突然変異種が自分と同じ能力を遺伝させるのってどれぐらいの確率なんだろ

598:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:15:23.39 ID:94CFxzWD0


>>587
それをやっているのが遺伝学進化で、今のところ進化への最先端で体系的な解答方法になってる
派閥が幾つかあるが計算法が試行錯誤されて進化している状態




589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:11:54.99 ID:QPJkCDu10


足が速いとか毒を持ってるみたいな進化ならまだ理解できるんだけどさ
シロナガスクジラとかなんであんなに無駄にデカくなってんだよ

596:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:14:11.22 ID:V0fTb43q0


>>589
巨体は攻防一体って感じがするよな
あいつは防しかなさそうだけど


597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:15:13.78 ID:MozXhD9nO


>>589
ナガス「敵がいねぇwwww大量のオキアミうめぇwwww」




635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:30:28.36 ID:PotV4Hti0




かっこいい!



650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:36:03.79 ID:CgsPIz4T0


生き物はまさに生きるだけだから
領域を増やそうとするとかない

まず死ぬのを回避するために分裂した
細胞増えて行って段々方法がかわり
喰って寝て交尾して繰り返して
増えたから→広がった

たまに変なやつができた
そいつのほうがタフだったから残った
それだけでしょ?

「広がろうとする」とかは全部後付なの

656:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:38:29.33 ID:LxUi1ori0


>>650
死ぬのを回避するためじゃないがな

原初の生命モドキは、膜の中に外から液が流れ込む、でかくなって物理的にちぎれる

ってかんじだったらしいよ


658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:39:12.24 ID:CgsPIz4T0


>>656
まじでー

じゃあもう完全にカンッペキに現象なんだね・・・


664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 05:42:32.53 ID:LxUi1ori0


>>658
生物は進化するに従って、エントロピーの増大という基本法則から抜け出して行く
だからはじめは全て現象
そもそも生命活動すら非常に複雑な現象にすぎない




721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:10:40.48 ID:09VF7xDv0


人工生物研究って今どうなってるの?

731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:14:28.20 ID:94CFxzWD0


>>721
阪大の先生がおそらく先端走っていると思うが、生命に対する解釈論みたいな話になっていた。
急速に進展しているとは言いがたいが、とても面白い分野だとは思った。先生活き活きしていたしな。


745:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:21:55.74 ID:09VF7xDv0


>>731
四方哲也って人か
プログラム上で作られた話しか知らなかったが、まさか現実で作っちゃうとは…




742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:20:56.31 ID:52mezM2t0


定向進化って言葉があってな
生物が進化を始めるとき明確な方向性を持って進化する。人間なら知能、恐竜な巨大化みたいに
だから人間はこの先進化しても頭がよくなるだけだし、変な方向に行くとしてまた別の進化が発生する必要がある

なおサーベルタイガーの例えにあるように生物は進化させすぎたもので滅亡するという俗説が

752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:24:15.99 ID:LxUi1ori0


>>742
言葉はあるが、正しくない
抵抗的に進化する場合があるだけ


定向進化説
生物の進化において、一度進化の方向が決まると、ある程度その方向への進化が続くように見える現象をいう。
例えばウマの進化では、背の高さ数十cmで、足の指が四本ある先祖から、現在の大型で足指が一本のみの姿まで、いくつかの中間的な姿の種を経て一つの系列をなしている。このことから、ウマの進化には一定の方向があり、その方向への進化が続いたのだと見なす場合、これを定向進化と呼ぶ。また、マンモスの長大で、しかも大きく曲がった牙や、オオツノシカの巨大な角など、実用的とは見なしがたい。それらの構造は、その先祖においては、明らかに生活上有効に働いていたと思われるが、そこまで巨大になる必然性が感じにくい。そこで、それを説明するために、定向進化が働いたため、言わば進化の進行にブレーキが効かなかったのだ、というふうに考える。



780:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:46:05.32 ID:IjBTS2Bl0


これから人間はみーんなネットばっかに依存していくのかな?

10年前はインターネット好きしかこういうネットしていなかったのに

安売りになったよねーなんかさー



786:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:48:58.14 ID:IjBTS2Bl0


2chはインターネット好きな人らが集まり会話出来るからいいんだけど

フェイスブックっていうのは…安っぽいと思う

にわかがインターネットしている見たいな

そういうのん進化して来て感じませんか?

787:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 06:50:54.11 ID:bPMlekZv0


>>786
言っていることはわかるよ。
だが淘汰は起きているが進化は起きていない




825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 07:34:36.90 ID:1PSMWw1q0


>>1
http://www.geocities.co.jp/technopolis/9540/manaftermanage.html
こうなるらしい

別の説 30分位から


860:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 08:25:21.39 ID:I0huXgfL0


>>825
久しぶりにこの動画見た。もうちょいで見終わる
人間は道具進化させすぎだよな
身体進化させれば良かったのに


922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 09:11:04.91 ID:1PSMWw1q0


>>860
身体を進化させたらもはや人類ではないけどな
それがマンアフターマンに描かれているかと




867:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 08:30:56.14 ID:SyYYQA/z0


根本的に新しい進化論が必要なのは確かだけどな
いくら改良しても、有機的な進化の可能性はあと数十年も続かないし
もう使い古された言説だが、
人類の次の進化はサイバースペース上のもんだよ
速けりゃ2040年ごろには完了する

883:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 08:40:40.70 ID:fN1DaoJlO


>>867
よく勘違いされるけど
「自然選択」は生物による能動的な選択とは違うの
淘汰なの
生き残れないヤツらが死ぬことなの

だから、人間社会の発展と進化論は単純には一緒にできないの
しいて言えば、人間社会は世代ごとに池沼の割合が増えてる、みたいなことが進化なの


895:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 08:45:57.88 ID:SyYYQA/z0


>>883
ファッ!?
アホすぎワロタ
今や進化論は免疫系や脳神経系の発達進化にすら外挿されてるぐらいやで
そんで、マックの親玉もウィンドウズの親玉も言ってるように
人間は数十年後に、クラークのダイアスパーのようなサイバースペースに逃げ込むので
進化論は数十年後には通用しましぇん


909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 08:57:19.53 ID:fN1DaoJlO


>>895
あー…言葉が悪かった
進化論は「生物個体群のある形質の割合に対する世代間の変化」だから
進化論で人間社会の発展を説明したり、予測するのは難しいよねーってだけ


918:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 09:05:49.43 ID:fN1DaoJlO


>>911
んで、進化論は「生物個体群における、ある形質の割合の世代間の変化」
って定義があるから

人間社会で進化論がそのまま使えるのは
例えば「30代の日本人における池沼の割合を、1900年から2000年まで比べたところ、増加していました」
みたいな話のときだけだよねって話

ちなみに、もし例が正しいなら、日本人は生物学的に進化がおきてるって言える




873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/03(火) 08:34:41.40 ID:AEfY0RFd0


まあミッシングリンクとかって想像すると楽しいよね
猿から人は別にいいけど個人的には有機物が生命になるのが不思議でたまらない
なんで海中のちょっとした有機物が条件が合うとうねうね動き出すのか
かつての地球でおこってたことなら今も何処かの海中でおこってんのか
生物と生命は違うみたいだしならプリオンみたいな生命はどこから来たのか
お偉いさんさんから話を聞いてみたいもんだ



327: ◆jrwXjK8zKo :2013/12/03(火) 03:30:23.47 ID:zKiMCfhr0


生きねば



10000:以下、名無しにかわりましてまとめでぃあがお送りします:2045/12/21(木) 02:51:41.36 ID:matomedia

【裏山】彼女がロシア人なんだがwwwwwwwwwwwww

【閲覧注意?】爺さんが死んだので家の片付けに行ったらヤバそうなものがでてきた・・・(画像あり)

【驚愕】妹の中間テストの点数がwwwwworzwwwwwwwwwwwww

【悲報】3年間毎日髪の色変えてた結果w w w w w w w w

【画像あり】今週のゲーム売上がなかなかに衝撃的な件wwwwwwwwwww

大学にライトオンの服を着て行った結果wwww

【画像】 海外の路上アートが気合い入りすぎだと話題に すげえええええええ!!!!!!!!!!!!

【閲覧注意】ナウシカの裏設定って知ってる?

近所のクソガキが勝手にうちのルーター使ってやがる・・・

家庭科の福祉問題で「老人は無理に長生きせずに死ぬべき」と書いたら・・・・・

デブがヒートテック着た結果wwwwwwwwwwwwwwww

パクリが本家を超えてしまった例あげてけ

空手家フルボッコにしたらヤバいことになった・・・・・・・

【悲報】餃子の王将、終了のお知らせ。これはヤバイ・・・

さっき本屋で女に高い棚にある本を取ってあげた結果www

スマホのモバイルバッテリーを買ったんだが電器屋の店員に感動した

15,6年前は今みたいに嫌煙されなかったよな・・・・・・

【衝撃】 日本人のスルースキルが凄すぎる件 (画像あり) wwwwwwwwwwww

ヤバイ、スピードラーニングを三年やった結果wwwwwwww

リボ払いにしたったらwwwwwwwwwwwww

スマホのモバイルバッテリーを買ったんだが電器屋の店員に感動した
オススメ記事
最新ニュース
​​
過去記事ランダム
​​
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

44492:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:33:46

数十万年とか数百万年での違いしかわかんないけどね。
変わるよ。

44498:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:46:27

自然淘汰で進化や退化をして変わっていくって話があるけど
僕は能動的進化もあるんじゃないかと思うわ
脳みそと精◯にどれぐらいつながりがあるか知らんけど

44500:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 19:47:56

ウイルスはどうやって生まれたんや…
俺は細菌の遺伝子の欠片が細胞膜と一緒に千切れて外に放り出されたら
「ウイルス」になったと妄想してる

44507:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:03:29

エホ証は2chやってもいいことになったの?ww
続きはWEBでってなってるけど冊子とかww

44512:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:11:36

>>3 も誰かが言ってたことをさも自分の意見のように話してるだけだろ

44516:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:26:01

あるとき突然変異で超大型キリンが誕生。首の長さと手足の長さが同じ
遺伝子の制御下にあったのでバランス良く巨大化した。
もともと大型偶蹄類だった祖先種の循環器系のポテンシャルは
大型化しても生存に不都合が無いくらいに高かったので成長過程で
病死することもなく、繁殖期には長いリーチを生かした首ラリアットで
他のオスを圧倒しメスを独占。二世代目は父親よりは小さいが、オスは
繁殖期の闘争で、メスは体格的に交尾できないことで祖先種の繁殖の
機会を奪っていき、現生種の直系の祖先集団を数世代で形成した。
祖先種と現生種の中間というものはなく、現生種こそが祖先種と突然
変異体の中間種の系統なのである。

44517:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:26:26

実証科学の理論は仮説だから一つでも反証があればひっくり返される。
物理学や化学で扱う事象は再現性があって実験で確認できるので
仮説というよりほぼ真実といっていいものが多いが
古生物学はそうはいかないということではないだろうか。
それからevolutionを「進化」と和訳したので進化は常に良いことのような
ニュアンスがあるが、原語は「展開する」という程度の意味なので
良い方向とは限らないとどこかで聞いた気がするのだが。

44519:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:29:13

進化論に疑問を呈するのは結構だけど、神様持ち出すと話の価値が即座にゴミ以下になるからやめて欲しいわ

44524:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 20:46:43

猿が人間に進化したって説が有力だけど、進化過程の化石でまだ見つかってない部分(期間的に)があるんじゃなかったっけ?

44525:ななす2013年12月03日 20:50:20

なぜだ・・・なぜ我等が
スパゲティーモンスターが話題に上がらないのだ・・・

44532:名無し++2013年12月03日 21:05:42

>>142ってようするになにがあってもその元になったのはワシだって事だろ
ただの言ったもの勝ちじゃん

44540:名無し2013年12月03日 21:28:40

進化論は科学ではなくて宗教なんだよ
当時の奴隷は劣っているから支配していいという思想の便利さから容認された

44558:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 22:23:15

進化論か~
なぜ猿のままで不都合があったのかな?
もともと猿なら、そのまま猿やってりゃいいじゃんて
思ってしまう。
もとを辿れば単細胞生物だっけ
それにしては哺乳類だけみても、あまりにも
多種多様すぎないかい?
まあ、それだけ生存環境もいろいろなんだろうけど。。。

44565:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 22:39:47

どの道、遺伝子操作すりゃいいだけの話なんだから
どーでも良くね?

44566:名無し@まとめでぃあ2013年12月03日 22:39:52

>>220
> チンパンジーが人間みたいに進化してないの可笑しいやろ

チンパンジー「俺らにワンパンで狩られるレベルの雑魚がなんか粋がってるんだけどwww」

44613:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 03:09:00

面白いのは最近、獲得形質(厳密には違うかも)も遺伝することがある、という論文がでてたこと。
父マウスを急激に太らせると、父マウスのDNAについているマーカーの場所が変わって太りやすくなる。しかも、それは子供にも孫にも遺伝するとかなんとか。

教科書に載っているような事が覆されるような研究をみると興奮するよね。

44642:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 10:16:07

進化を語る上で面白いのが、アメリカ北部に生息する白いクロクマ(アルビノ個体ではない)あとハチドリの仲間。
あとクアトロシエネガスに生息する三種の亜種に分かれようとする寸前の魚。
白い体は餌をとるのに優位で、より多くの餌を食べて他よりも大きくなれた最初のアルビノ個体から子孫を残していった結果、その地域に住む3割ほどが白い毛並みを持つようになったクロクマ。
誰よりも早く、多くの花の蜜を得られるように進化していった結果、誰よりも早く、多くの花の蜜を得られないと餓死する体になってしまったハチドリ。
食べる餌がそれぞれ違い、それにあわせて口や内臓の構造に変化があるものの、今のところヒトの肌と同じレベルの差としかなっていない、しかしこのまま世代を重ねれば決定的な種の差として定着するのは間違いないとされている魚。
どれも面白い話。

44748:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 17:10:34

まだ進化論否定してる奴いるのか

そういう奴に限ってバカだってハッキリわかんだね

44751:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 17:19:16

進化って言葉使うから誤解されるんだよ
中身はただの「適応」でしかない
と、超低学歴の俺が思うのだけど間違ってる?

44768:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 18:14:15

あーだこーだいってないで専門書読め

44834:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 21:21:13

やっぱ訳語が悪いよな…通常は進化論っていうとチャールズ・ダーウィンの『種の起源』だと思っちゃうけど、ソレ以前から進化論っていう言葉は有るのな…。evolution theoryって言うんだって。ダーウィンのは、natural selectionで、正確な訳語は自然選択説だから、ススむとかシリぞくって意味じゃねぇ〜んだよなぁ〜。それにレリジョンをオピウムみたいに貪る奴らがオンドリャ〜!とか怒って混沌の極み的な何か…。

44846:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 21:50:39

でも20世紀後半から?の分子生物学の発達はやっぱり凄いよなぁ…。
これまで、何となく形とか似てっから同じ仲間なんじゃねぇ?
ってイキモノが違ってたり、思いも寄らないのが近かったり…。
それにしても21世紀になって10年経っても、
未だに能見正比古?由来の血液型性格分類が滅びない事に
憤りを感じる昭和生まれの俺である…。

44868:名無し@まとめでぃあ2013年12月04日 23:11:32

人間になった過程が謎なんだよなw
サル→猿人→空白→人間

昆虫も謎だわw

ここ三日の人気記事

このサイト
特に面白くありませんが、初めての方は
このサイトについて
をごらんください。
サイトを初期デザインに戻しました。
試行錯誤中。

この日記のはてなブックマーク数
Twitter Twitter rss
はてブしてくれると嬉しいです。 ツイッターとかやってみました。 RSSとかも配信されてるようです。


開設から 日経過
■コメント数: 235468件
■総記事数:

リンク・その他お問い合わせ
メールフォーム
月別アーカイブ