​​

小野田寛郎さんを発見した青年の人生も波瀾万丈な件

小野田寛郎さんを発見した青年の人生も波瀾万丈な件
1: キングコングニードロップ(愛知県):2014/01/17(金) 23:16:15.29 ID:29cRbH650
小野田寛郎さん死去、終戦知らずルバング島30年間任務続行 91歳 自然塾で育成に尽力  戦争が続いていると信じフィリピン・ルバング島に30年間任務を続けた元陸軍少尉で、ボランティアなどを養成する 「小野田自然塾」理事長の小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが16日午後4時29分、肺炎のため都内の病院で 死去したことが17日、分かった。91歳だった。葬儀・告別式は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。  遺族らによると、体調を崩して6日から入院していたという。  大正11年、和歌山県亀川村(現海南市)で生まれ、昭和19年に諜報員などを養成する陸軍中野学校を卒業後、 情報将校としてフィリピンへ派遣。20年の終戦後も任務解除の命令が届かず、ルバング島の密林にこもって戦闘を続け、 49年3月に任務解除命令を受けて帰国した。  50年にはブラジルへ移住し、牧場を開業。平成元年には小野田自然塾を開設し、ルバング島での経験を基に キャンプ生活を通した野外活動などでボランティアの育成などに尽力した。近年は都内で生活し、国内各地で講演を行っていた。
引用元:小野田寛郎さんを発見した青年の人生も波瀾万丈な件
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1389968175


1: キングコングニードロップ(愛知県):2014/01/17(金) 23:16:15.29 ID:29cRbH650


小野田寛郎さん死去、終戦知らずルバング島30年間任務続行 91歳 自然塾で育成に尽力

 戦争が続いていると信じフィリピン・ルバング島に30年間任務を続けた元陸軍少尉で、ボランティアなどを養成する
「小野田自然塾」理事長の小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが16日午後4時29分、肺炎のため都内の病院で
死去したことが17日、分かった。91歳だった。葬儀・告別式は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。

 遺族らによると、体調を崩して6日から入院していたという。

 大正11年、和歌山県亀川村(現海南市)で生まれ、昭和19年に諜報員などを養成する陸軍中野学校を卒業後、
情報将校としてフィリピンへ派遣。20年の終戦後も任務解除の命令が届かず、ルバング島の密林にこもって戦闘を続け、
49年3月に任務解除命令を受けて帰国した。

 50年にはブラジルへ移住し、牧場を開業。平成元年には小野田自然塾を開設し、ルバング島での経験を基に
キャンプ生活を通した野外活動などでボランティアの育成などに尽力した。近年は都内で生活し、国内各地で講演を行っていた。


産経新聞のインタビューに答える小野田寛郎さん=2008年6月、東京・大手町(中井誠撮影)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140117/trd14011709400006-n1.htm



2: キングコングニードロップ(愛知県):2014/01/17(金) 23:16:46.08 ID:29cRbH650


鈴木 紀夫(すずき のりお、1949年4月 - 1986年11月)は、日本の冒険家。千葉県市原市八幡出身。法政大学経済学部二部中退。

経歴

1969年3月
主にヒッチハイクでアジア各国を巡ったのち、中近東・ヨーロッパ・アフリカ大陸に至る放浪の旅に出る。

1972年12月
一時帰国。
太平洋戦争終結後も、終戦を信じずに帝国軍人としてゲリラ活動を展開していた残留日本兵の小野田寛郎に逢うため、フィリピン・ルバング島に向かう。

1974年2月
小野田との接触に成功。ルパング島には日本語が話せる原住民が多かったため、日本語が話せるだけでは日本人と判断されなかったため
初対面の際には小野田に銃を向けられて発砲される直前だったが、毛の靴下にサンダル履きという原住民にはない珍妙なスタイルであったため、事なきを得る。
この接触により、小野田の救出が現実味を帯び3月に小野田は帰国。
かつて「パンダ・小野田さん・雪男に会うのが夢だ」と語っており、最後に残った「雪男発見」に情熱を注ぐ。

1975年7月
ヒマラヤ・ダウラギリ群の南東稜コーナボン側斜面の4200m付近に5頭の類人物を望遠観察したと主張。

1978年
結婚。結婚後も定職に就くことはなかった。

1986年11月
ヒマラヤ・ダウラギリIV峰ベースキャンプ附近で遭難。

1987年10月7日
遺体発見。享年38。

http://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木紀夫

13: ダイビングヘッドバット(内モンゴル自治区):2014/01/17(金) 23:26:30.04 ID:uEas5hcoO


>>2
雪男信じちゃったかwこれはムーが悪い


28: シューティングスタープレス(香川県):2014/01/18(土) 00:08:18.16 ID:0v2BGra70


>>2
へー
その人のことは知らなかったわw

自分から自発的に出てきたのかと思ってた、小野田さんって


41: ショルダーアームブリーカー(東京都):2014/01/18(土) 01:33:33.81 ID:tA7j1tva0


>>2
こういう、夢見がちで向こう見ずだけど突っ走ってる人がいなければ
ひょっとして小野田さん帰ってこれなかったんでないか、なんて。


42: エルボーバット(大阪府):2014/01/18(土) 02:33:59.12 ID:NYPWQmCZ0


>>41
任務解除の命令をちゃんと出すことを怠った行政の責任とも言える。
帰国の呼びかけは小野田さんに届いていた。
そして日本が戦争に負けたことも薄々感じていたようだ。
しかし、小野田さんは1974年3月の任務解除命令によって帰国されたのだ。




3: キングコングニードロップ(愛知県):2014/01/17(金) 23:18:47.57 ID:29cRbH650


関係者の言葉

鈴木つね子(母親)
「よかったなと思いますよ。いいじゃないですかねぇ、自分の好きなことやって」とテレビ番組で語っている。

小野田寛郎
鈴木の死について、「死に残った身としては淡々と受け止めているが、友人の死は残念だ」と語っている。小野田は慰霊のためにヒマラヤを訪れている。



5: テキサスクローバーホールド(沖縄県):2014/01/17(金) 23:21:44.60 ID:iD2MSiwt0


冒険家って事は肩に鞭巻いてるんだよな?



8: ボマイェ(奈良県):2014/01/17(金) 23:23:14.81 ID:PEVxfAKR0


小野田氏って終戦後も生きてるって分かってたの?
それなのに29年も放置してたの?

12: ボ ラギノール(愛媛県):2014/01/17(金) 23:26:29.59 ID:JOeAPDpH0


>>8
日本兵が居ることは分かってたけど、逃げまわってて接触できなかったらしい


26: エルボーバット(京都府):2014/01/17(金) 23:49:20.42 ID:10Wpe/Is0


>>8
どっかで日本兵はそんなに強くなかったとかスレ立ってたけど、諜報工作をメインでやってたエリートだった小野田は政府の捜索隊でも簡単には発見出来なかった。
発見されて出て来た時の小野田の目は正に軍人のそれだった。
日本が負けたのではないかと感じたのはいつか、との記者の問い掛けに
「そんな事を微塵にも考えたら任務遂行が出来ない」と答えた。
29年もの間、単なるバカにこんな精神力は続かないだろ。
実際に日本人である事を隠して現地人と結婚し家庭を持ち生涯を終えた元日本兵も居た。
こんな兵士が近代戦に居ない事はある意味幸いなのかも知れない。




9: ダブルニードロップ(中部地方):2014/01/17(金) 23:23:23.72 ID:P7OITlSy0


普通にいそうなプー太郎の経歴



14: キングコングニードロップ(愛知県):2014/01/17(金) 23:27:35.97 ID:29cRbH650


鈴木 紀夫さん




16: ボ ラギノール(愛媛県):2014/01/17(金) 23:29:29.00 ID:JOeAPDpH0


>>14
あぁ、印税で食ってたのか
なんかテレビにも出てたりしてたんだろな

三八式改w


70: ボマイェ(庭):2014/01/18(土) 10:26:36.39 ID:2JAPEq+wP


>>14
頭で分かってても不思議な絵だ…
戦中の顔と戦後の顔が一度に並んでる




18: ボ ラギノール(愛媛県):2014/01/17(金) 23:31:04.50 ID:JOeAPDpH0


銃だけは何時でも撃てる様に、手入れはきちんとしてたんだっけ?
弾薬は、盗んだ308ウインチェスターを使える様にしてたとかなんとか



20: ショルダーアームブリーカー(奈良県):2014/01/17(金) 23:34:23.82 ID:0QeKl6fe0


まー、東欧とか南米とか東南アジアとか徘徊してる腐れバックパッカーよりはいい人生
あいつら目が死んでるし



21: ツームストンパイルドライバー(内モンゴル自治区):2014/01/17(金) 23:34:54.33 ID:IJSoEYx3O


「真っ直ぐ自分に向かってくる弾丸は避ける事ができる」

ニュータイプだろ



23: 頭突き(やわらか銀行):2014/01/17(金) 23:38:25.35 ID:Lu9V7AQSP


そういや、遭難した日本人の冒険家でまだ遺体が見つかってない有名な人いたよね?

24: ツームストンパイルドライバー(内モンゴル自治区):2014/01/17(金) 23:39:50.95 ID:IJSoEYx3O


>>23
植村直己
マッキンリー山


植村直己


1984年2月12日、43歳の誕生日にマッキンリー世界初の冬期単独登頂を果たしたが、翌2月13日に行われた交信以降は連絡が取れなくなり、消息不明となった。3日後の2月16日小型飛行機がマッキンリーに行ったところ植村と思われる人物が手を振っているのが確認されたが、天候が悪く、視界も悪かったので救出することができずに見失ってしまった。ただし、最終キャンプに大量の装備が残されていたことから、誤認である可能性が高いと考えられている。その後明治大学山岳部によって2度の捜索が行なわれたが発見されることはなく、植村が登頂の証拠として山頂付近に立てた日の丸の旗竿と、最終キャンプ地の跡に残された植村の装備の一部が遺品として発見されるに留まった。やがて生存の確率は0%とされ、捜索は打ち切られた。現在に至るまで遺体は発見されていないため、最後に消息が確認された1984年2月13日が植村の命日とされた。43歳没。



27: ボマイェ(愛知県):2014/01/18(土) 00:05:52.84 ID:sfXgme640


小野田さんは陸軍中野学校出身のエリートと聞いたが
与えられた任務遂行の為に無闇な特攻もせずに耐え忍び生き延びた真の軍人だと思う
正に尊敬に値します



31: フロントネックロック(四国地方):2014/01/18(土) 00:22:30.58 ID:rx0qzZot0


生涯、定職につくこともなく、雪男発見に情熱を注ぎ続け、
それで一生終わったのなら、それはそれで幸せだったと言えるのかも



33: ストレッチプラム(大阪府):2014/01/18(土) 00:25:06.44 ID:xk9A2VydP


DNA鑑定で雪男は氷河期時代のシロクマの一種の生き残りって結論が出たよな



34: タイガードライバー(チベット自治区):2014/01/18(土) 00:32:50.10 ID:9cNqfoed0


母親のコメントが達観してるというか諦めの境地を感じる



35: キングコングラリアット(愛知県):2014/01/18(土) 00:40:49.11 ID:NrBSfigu0


「地雷を踏んだらサヨウナラ」の一ノ瀬泰造さんとごっちゃになる

http://ja.wikipedia.org/wiki/一ノ瀬泰造

一ノ瀬 泰造(いちのせ たいぞう、1947年(昭和22年)11月1日 - 1973年(昭和48年)11月29日)は、日本の報道写真家。

カンボジア入国以後、共産主義勢力クメール・ルージュの支配下に有ったアンコールワット遺跡への単独での一番乗りを目指しており、
1973年11月、「旨く撮れたら、東京まで持って行きます。もし、うまく地雷を踏んだら“サヨウナラ”!」と友人宛に手紙を残し、
単身アンコールワットへ潜入し、消息を絶った。

9年後の1982年、一ノ瀬が住んでいたシェムリアップから14km離れた、アンコールワット北東部に位置するプラダック村にて遺体が発見され、
1982年2月1日に現地へ赴いた両親によってその死亡が確認された。その後、1973年11月22日もしくは23日にクメール・ルージュに捕らえられ、
処刑されていたことが判明した。



39: ミッドナイトエクスプレス(東京都):2014/01/18(土) 01:27:07.04 ID:Lmx/P3CI0


小野田さんと対照的な性格だから、返ってよかったんだろうな
家族が出て来いと拡声器やチラシ撒いても、小野田さんはアメリカの工作だと思って出てこなかった



45: バーニングハンマー(家):2014/01/18(土) 03:48:59.83 ID:AIuMQOk90


パンダはなんも珍しくないし
敗残兵ゲリラは捕獲前から存在が確認されてたし
雪男は絶滅種のシロクマで確定して存在が完全否定されてるし


当人は満足だったんだろうが後世から見ると悲惨な人生だな



48: ミドルキック(WiMAX):2014/01/18(土) 04:15:13.48 ID:07huvMy20


小野田さんもあれで二桁殺してるからねえ。
数奇な運命だ。



57: 32文ロケット砲(西日本):2014/01/18(土) 07:55:25.70 ID:6Z0IdTuJ0


小野田さん、戦後30年たっても銃の弾が残ってたんだw
何発携行してたんだ?銃の手入れとか、できたのか?

68: ストマッククロー(関東・甲信越):2014/01/18(土) 10:02:30.39 ID:a357FBolO


>>57
銃弾は、何年かすると火薬が湿気って使えなくなるが小野田さんは薬莢から火薬を 抜き鉄板の上で天日干ししてそれを又薬莢に詰めていたため何十年も前の銃弾が使用可能だったそうです




62: ビッグブーツ(チベット自治区):2014/01/18(土) 08:59:26.99 ID:ghlfL1qY0


当時旧軍関係者は命令書一枚持って行けば簡単に投降して来たのに、説得とかバカだってよく言われてたよね
そもそも残留諜者が小野田少尉の受けた命令なんだから日本が負けたとかは関係ないんだよな



63: フェイスロック(新疆ウイグル自治区):2014/01/18(土) 09:16:47.28 ID:5BZSP6pU0


鈴木さんも38歳で亡くなっていたのか
雪男と出会えると思ってたんだろうな
小野田さん見つけたくらいだから



65: ダイビングフットスタンプ(関東・甲信越):2014/01/18(土) 09:45:23.49 ID:alKflTedO


49年に見つかって帰国したのに50年にブラジルに渡ってるって事は日本に帰ってきても浦島太郎状態で馴染めなかったのかな。
それとも30年たって戦争を忘れた日本人に色々ひどい事言われたのか

66: ジャンピングエルボーアタック(青森県):2014/01/18(土) 09:49:29.54 ID:bXZnhoNb0


>>65
日本に帰ってきても聞こえてくるヘリの音なんかが、ジャングル潜伏中の敵襲に聞こえたりしてたそうな




37: ストレッチプラム(茸):2014/01/18(土) 01:20:42.82 ID:bpl1UMnSP


ついに雪男を信じきった男となかなか終戦を信じられなかった男
なんかこううまく言えんがドラマやね



10000:以下、名無しにかわりましてまとめでぃあがお送りします:2045/12/21(木) 02:51:41.36 ID:matomedia

オススメ記事
最新ニュース
​​
過去記事ランダム
​​
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

54467:名無し@まとめでぃあ2014年01月18日 21:38:48

>当人は満足だったんだろうが後世から見ると悲惨な人生だな

こんなことを吐く人間が生まれてくる国のために戦って死んだ連中は悲惨だな。

54473:名無し@まとめでぃあ2014年01月18日 22:23:09

この人を間近で見たかった。
全然関心なかったけど現代人と一線をなしてたんだろうなー

54474:名無し@まとめでぃあ2014年01月18日 22:25:25

ヘリの音がってフィリピンで何時ヘリ使ってドンパチ遣ってたんだ?

54478:名無し@まとめでぃあ2014年01月18日 23:14:20

※54474
普通に考えてヘリの音→ヘリじゃなくて
戦闘機や銃撃音であったり轟音を立てて襲ってくる何かを想起させられたんだろ
アスペかいな

54480:名無し@まとめいと2014年01月18日 23:36:50

ドンパチじゃなくて1947年に設立されたフィリピン空軍による山狩りじゃないかな?
米軍がいた頃はベトナム戦争用に運用されてたから、フィリピン軍にも配備されたのかもしれんし

54483:名無し@まとめでぃあ2014年01月19日 00:16:41

この人は戦後すぐ帰国していたら大きな事を成し遂げたんだろうな

54512:名無し@まとめでぃあ2014年01月19日 08:21:02

小野田さんが慰霊にヒマラヤに向かったって下りがイイね♪

54514:名無し@まとめでぃあ2014年01月19日 08:30:09

ジャングルで辛かったのは雨だって語ってたね。定住すると現地の人に捕まるから屋根のある生活が出来なかった。雨は体温を奪っていくから。帰国後もベッドで寝言で「小塚、雨やっ!!」って部下への言葉を発してたぐらいやから。
80歳ぐらいだったか、テレビで出演してたのを見たけど、講演会の原稿をパソコンで入力してた。すげぇと思ったわ。

54533:伝聞2014年01月19日 11:33:30

>50年にブラジルに渡ってるって事は日本に帰ってきても浦島太郎状態で馴染めなかったのかな。

マスコミが自宅取り囲んでさんざんインタビューとか強要するのに嫌気が差したって話だぜ。

そして相変わらずスマホで見ると横に長いサイトだ…

54537:名無し@まとめでぃあ2014年01月19日 12:16:16

>>54467
むしろ>>45自身のほうが悲惨な人生だと思ったよ
すべての判断基準が自分で、おのれとは異なる価値観の持ち主やその生涯に思いを馳せることもできない単細胞かつ硬直化した感性の持ち主だと感じたから

54547:名無し@まとめでぃあ2014年01月19日 14:00:04

小野田さんはともかく、発見者の鈴木さんと一ノ瀬さんはただの無謀な馬鹿に思える。あとの二人は、自分探しに中東に入って人質にされた馬鹿と同じレベルの無謀さだと思うわ

54550:名無しのグルメ2014年01月19日 14:31:36

馬鹿とハサミは使いようというが使える馬鹿っていうのはこういう人のことをいうんだろうな
良くも悪くもまともであったらこんなことできん

55110:名無しさん@ニュース2ちゃん2014年01月21日 18:42:18

54550
妄信だけでこんなことは出来ない。そんなことも分からないお前は少なくともハサミではないな。

55334:名無し@まとめでぃあ2014年01月22日 14:52:47

中野陸軍兵学校は、生粋のエリート諜報部を育成していたところ。

高校の英語教師にここの出身者(無線傍受担当だったらしい)がいた。

小野田少尉は、軍人として律義に任務(諜報活動)を遂行していた
訳なので、
解除命令を手渡せば、もっと早く帰国したであろうし、
何より20年以上、同隊で共に活動していた小塚氏を
最後期になって死亡(戦死)させることは無かったと思える。

命令書1通は、戦後生まれの我々の想像を超える重みがある。

55364:名無し@まとめでぃあ2014年01月22日 19:52:17

多分小野田氏も敗戦は解ってたんだろうさ。
ただ、純粋に自分自身の敗北だけはどうしても認めたくなかっただけじゃないのかね。

55487:名無しさん(笑)@nw22014年01月23日 04:12:43

鈴木 紀夫は、そのへんの冒険タレントと違って本物だと思うわ
そして、こういう本物の人はやっぱ早死にするんだよな
もし、この人が生き返ったとしても
やっぱりまた出かけて早死にするんだろうね

ここ三日の人気記事

このサイト
特に面白くありませんが、初めての方は
このサイトについて
をごらんください。
サイトを初期デザインに戻しました。
試行錯誤中。

この日記のはてなブックマーク数
Twitter Twitter rss
はてブしてくれると嬉しいです。 ツイッターとかやってみました。 RSSとかも配信されてるようです。


開設から 日経過
■コメント数: 233876件
■総記事数:

リンク・その他お問い合わせ
メールフォーム
月別アーカイブ