​​

スパイダーマンのごとく巣を飛ばして獲物を捕らえる新種のクモを発見

スパイダーマンのごとく巣を飛ばして獲物を捕らえる新種のクモを発見
1: 16文キック(宮城県):2014/01/22(水) 18:16:31.06 ID:0BcMzdKM0
まるでスパイダーマンのような動きで、スリングショットのように巣を操り、獲物をわなにかけるクモが発見された。 しかも、新種の可能性がある。 獲物が近づくと、クモは巣を解き放ち、巣はスリングショットのように飛んでいく。クモは巣にくっついたままだ。 狙い通りにいけば、粘着性の巣にディナーが捕らえられていて、あとはゆっくり歩み寄るだけだ。 ペルーのロス・アミーゴス生物学研究所(Los Amigos Biological Station)で別の研究をしている最中にこのクモを発見したラリー・リーブス(Lary Reeves)氏は、 「このクモはハエや小さなカゲロウなど、水から飛び出してきた昆虫を狙っているようだ」と推測している。
引用元:スパイダーマンのごとく巣を飛ばして獲物を捕らえる新種のクモを発見
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1390382191


1: 16文キック(宮城県):2014/01/22(水) 18:16:31.06 ID:0BcMzdKM0


まるでスパイダーマンのような動きで、スリングショットのように巣を操り、獲物をわなにかけるクモが発見された。
しかも、新種の可能性がある。

獲物が近づくと、クモは巣を解き放ち、巣はスリングショットのように飛んでいく。クモは巣にくっついたままだ。
狙い通りにいけば、粘着性の巣にディナーが捕らえられていて、あとはゆっくり歩み寄るだけだ。

ペルーのロス・アミーゴス生物学研究所(Los Amigos Biological Station)で別の研究をしている最中にこのクモを発見したラリー・リーブス(Lary Reeves)氏は、
「このクモはハエや小さなカゲロウなど、水から飛び出してきた昆虫を狙っているようだ」と推測している。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140121002




3: 栓抜き攻撃(四国地方):2014/01/22(水) 18:17:38.45 ID:b9njP14iP


動画で見てみたいわ



4: 栓抜き攻撃(東京都):2014/01/22(水) 18:18:15.84 ID:ygOkQq+j0


俺もこんな感じで魚とったことある



7: ムーンサルトプレス(関西・北陸):2014/01/22(水) 18:26:44.13 ID:toz6sN960


糸なげるクモいたよな

10: 栓抜き攻撃(四国地方):2014/01/22(水) 18:31:53.10 ID:b9njP14iP


>>7
ナゲナワグモ


ナゲナワグモ

北アメリカに生息する ナゲナワグモ属 Mastophora のクモである。投げ縄で獣を捕らえるようにして虫を捕らえることが名の由来である。
このクモは体長1 - 2cm、ハート形の腹部には、両肩部分に丸い膨らみがある。夜行性で、昼間は葉の裏などに隠れ、夜になると出てきて、低木の枝先に足場を組んだように糸を張り、そこにぶら下がると、先端に粘液の球がついた糸をぶら下げる。クモはこの状態で静止して、獲物の昆虫が近づくと、その糸を振り回し、昆虫を粘液球に接触させる。獲物がくっつくと、糸を引き上げ、獲物を捕食する。
このような捕食法で、クモの生活が成立するほど十分な餌を捕らえられるものか、疑問を持つのは当然である。実際の観察から、このクモがある範囲の種類のガばかりを捕食していることが明らかとなった。しかも、そのガが雄ばかりであることが分かった。そこで、これらの事実に基づいて研究が行われた結果、このクモの粘液球には、そのグループのガの雌が放出する誘引フェロモンに類似する物質が含まれていることが分かった。つまり、このクモは化学的にガの雌に擬態し、それによって雄のガを引き付けて、それによって餌を得ているのである。アメリカのナゲナワグモでは、この疑似フェロモン物質は分離、特定されている。
動画



8: ジャンピングパワーボム(WiMAX):2014/01/22(水) 18:28:19.37 ID:h6JvW9lB0


>クモは巣を解き放ち、巣はスリングショットのように飛んでいく。クモは巣にくっついたままだ。


クモが獲物と一緒になってもがいている図を想像してしまった…



11: ランサルセ(熊本県):2014/01/22(水) 18:32:44.91 ID:F+129ADq0


トアミグモ



9: ストマッククロー(東日本):2014/01/22(水) 18:31:45.84 ID:3dQNmvKr0


なるほど
こんな捕り方もあるのか



以下、色々な蜘蛛の紹介

クロドクシボグモ



世界で最も強い毒を持つといわれるシボグモ科の蜘蛛で、ブラジリアン・ワンダリング・スパイダーとも呼ばれる。
体長は8cm程で、13mmに及ぶ牙を持ち、毒腺も大きい。
丸太やバナナの中などに隠れ、神経性の毒を獲物に注入し捕食する。
20gのマウスを殺傷するために必要な毒は6μg程とされており、非常に強い毒を持っている。
現地の10歳未満の子供は、この蜘蛛の脅威にさらされており、噛まれた場合、すぐに医師の診察を受ける必要がある。
血清があるために、死亡事故は稀であるが、2008年には10人がこの蜘蛛により死亡したという調査がある。




ルブロンオオツチグモ



南米の熱帯雨林帯に生息する世界最大の蜘蛛。
体長は10cm近くにもなり、脚を拡げると幅20cmを越える。最大級個体となると、広げた大人の両手の平よりも大きい。
危険を察すると腹部の刺激毛を蹴り飛ばす。
世界最大のクモであり、性質は攻撃的。人間に対する毒性は強くないが、身体が大きく鋏角も大きいため、噛まれると小型犬に噛まれる程度の怪我をする。刺激毛が目や粘膜に付着したときや噛まれたときの痛みも相当に激しい。飼育下ではマウスやコオロギを食べるが、野生では各種昆虫やトカゲやカエルなども捕食しているとされる。




ダーウィンズ・バーク・スパイダー



2010年にマダガスカル東部のトアマシナにあるアンダシベ・マンタディア国立公園で発見された。それ以前からも公園のパークレンジャーたちには存在が知られていたが、この発見まで科学的研究の対象とはならなかった。
巣を造るのに用いられる糸は、これまでに知られている生物が生成する物質の中では最も頑丈で、同じサイズのケブラーの約10倍の強度である。その強度は1立方メートル当たりおよそ350メガジュールから520メガジュールにまで達し、これは通常のクモの巣の2倍の強度である。強度だけでなくその大きさも特徴的で、網の幅はおよそ25メートル、面積は2.8平方メートルにおよぶ。これはクモ一匹が造る網としては世界最大である。プエルトリコ大学(英語版)の動物学者インギ・アグナルソンによると、川や池を横切るような形で巣を造り、他のクモでは到達できないような環境で生活し獲物を捕獲することも可能であるという。32匹のカゲロウを同時に捕獲した巣も確認されている。巣の大きさと網の強度は、このような生活のために同時に進化したと考えられている。現在どのようにして川などを越えてこれほど広範囲に巣を張っているのか調査が進められている。網を張るのはほとんどがメスで、若い頃はオスも糸を引く習性があるが、成長すると生殖活動に注力する。



※川を横切って張った巣




アテワ・フーデッド・スパイダー


西アフリカ、ガーナのアテワ自然保護区で2006年に発見されたクモの一種。
恐竜より2億年近く前に登場し、大きな進化を遂げることなく当時の姿のまま連綿と命をつないでいる。
小型のシロアリやアリの幼虫を常食とし、体長は11ミリと小柄だが、クモ綱クツコムシ目57種の中では最大サイズだ。



10000:以下、名無しにかわりましてまとめでぃあがお送りします:2045/12/21(木) 02:51:41.36 ID:matomedia

オススメ記事
最新ニュース
​​
過去記事ランダム
​​
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

55568:名無し@まとめでぃあ2014年01月23日 20:07:49

イトダー!

55570:名無し@まとめでぃあ2014年01月23日 20:26:17

巣のサイズがm単位のクモにも驚きだが…
そんなトンデモな事をやっている蜘蛛が学術研究の対象になってなかった時期があったってことの方が驚きだわ…

55577:名無し@まとめでぃあ2014年01月23日 21:14:16

最後のやつ、クモじゃないぞ?
クツコムシ類って日本にいないから説明しにくいけど、ダニとサソリの間の子みたいな生き物なんだ。
クモに近縁だがクモではない。
>>55570
いや、クモって専門の学者がスゴイ少ないのよ。
昆虫学者やダニ学者はかなり多いんだけどね。
だから仕方がない

55903:名無し@まとめでぃあ2014年01月25日 17:15:04

bolas spider(和名ナゲナワグモ)は
カウボーイのロープ枠のようにハンティングするけど、その亜種かな

55904:名無し@まとめでぃあ2014年01月25日 17:16:43

訂↑ロープ枠じゃなくてロープワーク

55905:名無し@まとめでぃあ2014年01月25日 17:19:32

あ、改めて読んだらナゲナワグモは既出だったか はずい

ここ三日の人気記事

このサイト
特に面白くありませんが、初めての方は
このサイトについて
をごらんください。
サイトを初期デザインに戻しました。
試行錯誤中。

この日記のはてなブックマーク数
Twitter Twitter rss
はてブしてくれると嬉しいです。 ツイッターとかやってみました。 RSSとかも配信されてるようです。


開設から 日経過
■コメント数: 234504件
■総記事数:

リンク・その他お問い合わせ
メールフォーム
月別アーカイブ