​​

タングステンで日本刀作ったらどーなんの?

お前らの人生で起こった「漫画のような出来事」を書いてけ
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:46:31.79 ID:R3yxPL580
ほこたてなんかででてる硬い金属でさ

誰か詳しい人教えて

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:46:31.79 ID:R3yxPL580


ほこたてなんかででてる硬い金属でさ

誰か詳しい人教えて

タングステン鋼
鋼にタングステンを加えて耐熱性・耐磨耗性を高めた合金。

タングステン
銀灰色の非常に硬く重い金属で、クロム族元素に属する。化学的に安定で、その結晶は体心立方構造 を持つ。融点は3380 °Cで、沸点は5555 °C。比重は19.3。希少金属の一つ。




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:46:41.66 ID:q5ROnzHy0


重い

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:47:36.02 ID:R3yxPL580


>>2あー確かに半端なく重くなるな

なら切れ味とかは?





3: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) :2012/12/03(月) 20:47:06.96 ID:lltTVqOK0


>>1
超硬いにきまってんだろ




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:47:16.42 ID:6Va7Kf4Q0


鈍器




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:48:00.80 ID:senQ3qAai


固いだけじゃ切れないんだぞ




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:48:36.37 ID:R3yxPL580


なんか重すぎて鈍器になるイメージか




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:48:36.88 ID:krJFWlol0


案外ポキっていっちゃうのかな




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:49:23.62 ID:2lf2WQDZ0


しならないとすぐ折れるとか聞く

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:50:09.77 ID:R3yxPL580


>>14そんなのか

適度に曲がらないと不可がかかって折れるのか





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:50:20.69 ID:Qm/7GeaR0


劣化ウランの方が毒属性で強い

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:51:39.80 ID:R3yxPL580


>>19放射能は持ってるやつに影響でる


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:54:17.74 ID:XltRnEk6O


>>25
無難に厚さ1cmの鉛の鎧と籠手でOK


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:55:16.58 ID:R3yxPL580


>>34それくらいなら敵も装備してると思う


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:52:04.50 ID:ADCO8IisP


>>19
呪いの装備じゃねえか





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:51:33.05 ID:f/jZXAtn0


昔の鉄は純度が悪いのが幸いして地方の砂鉄の成分によってによってチタン合金鋼やモリブデン鋼みたいなことになっていたので
やたら硬かったらしい




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:54:36.70 ID:Gc6TOhpb0


タングステンは削り、曲げ加工はクソ厳しい
熱したら分からんが




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:55:16.77 ID:B8/6BoWRP


ぐにぐに曲がれるのが日本刀のいいところ
タングステンなど論外




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:55:57.66 ID:xXUxA3fX0


硬いと折れやすい分、刃が潰れづらいと予想するんだけどそれって違う?

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:57:56.82 ID:etEEkReXP


>>40
硬くない刀が潰れるレベルの力受けたら欠けるんじゃない?





41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:56:04.50 ID:XTC2D68K0


日本刀を作るときに何度もたたいて層を作るのは
昔の鉄の場所ごとの純度の違いで硬い層と柔らかい層ができるため
結果折れにくい刀になるから
今の純度の高い鉄だとどれだけ層を作っても意味はない




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:56:14.01 ID:Gc6TOhpb0


いい刀は曲がっても元に戻って鞘に収まるらしいよね




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:57:12.62 ID:OGPg3kVT0


柔なき刀はなんたらって聞いたことがある
でも俺ニートで外出ないから武器とか要らない

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:57:57.36 ID:R3yxPL580


>>46自宅警備ならいろいろ揃えとけ





49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:57:51.23 ID:VUrcWtDWi


研げない




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:58:23.73 ID:KeHwzIsh0


タングステンって工作機械の超硬工具の刃に使われる硬度の堅い金属だろ
ダイヤモンドカッターより使い勝手良いらしいぞ

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:01:12.08 ID:xXUxA3fX0


>>52
まあ、こんなトンデモ金属を刃にして使えないはずはないからなあ
ただ、刀なら普通の鉄と鋼でも充分な気がする。





56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 20:59:14.14 ID:XTC2D68K0


戦時中はステンレスとかで刀を作っていたようだ
どうやら普通の鉄の日本刀より強かったらしいが

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:01:54.97 ID:pQ6VTu+U0


>>56
軍刀は正式な兵器じゃないし軍刀術を体得した将校は殆ど居ない
まぁ飾りみたいなもんだ


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:02:20.77 ID:q5ROnzHy0


>>56
そういった軍刀はすぐ折れていたそうだ





62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:01:20.33 ID:R3yxPL580


やっぱり極端に硬かったらよくないんだな。




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:01:23.86 ID:ccn+BwCg0


タングステンか何かで作った剣で藤岡弘、が車のドアとか斬ってなかったっけ?
普通の日本刀じゃ全然斬れないけどその剣なら半分以上斬れて
「リアル斬鉄剣」と名付けられたとかなんとか

うろ覚えだけど

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:03:48.10 ID:Mb6s6xJD0


>>63
車のフレームには普通の鉄剣よりはるかに強度のあるハイテン鋼が使われてるからな
普通の剣じゃ斬れないよな


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:07:16.14 ID:B8/6BoWRP


>>63
あったなそれ見てたわ
タングステンじゃなくてポン刀でやってたと思う





69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:02:26.60 ID:R3yxPL580


「切るもの」としてタングステンは刀に向いてないのか

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:04:00.18 ID:V/isDPjF0


>>69
カッチカチやから鋭くしたら切れ味抜群になるかもだが
そもそも加工が難しいし
戦いに使う前提なら「欠けてしまう」という別の問題が出る

どういうふうに使うか次第だな





74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:04:54.42 ID:R3yxPL580


なら最強の刀ってなんなんだろうな

価格とかはほっといて「切るもの」として最も強い刀

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:07:51.67 ID:xGjCSAzP0


>>74
肉を切るだけならカミソリ





79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:05:17.01 ID:518TpIvk0


なんでおまえら金属に詳しいんだよ・・・




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:05:25.81 ID:mffvvt2U0


話聞いてるとタングステンは槍に向いてそうな感じが




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:06:03.37 ID:BaJS6IFM0


     _   _l l_   _l l_
   //[][]  ̄l lニ、ヾ   ̄l lニ、ヾ _l l_
   ヽヽ-,   く ノヽ-ゝ   く ノヽ-ゝ  ̄l lニ、ヾ
      ̄                 く ノヽ-ゝ
     ヽ、       /ニニヽ              /
       ヽ_      / o  o l            /
       \\.   く u_'_ ゝ           ,'
         \\_/ '――‐' |_          l   真剣は切れ味がある分あつかいやすいし
           ,k´ \l ̄ ̄ ̄/::::::::l`ヽ、       i     素人から玄人まで幅広く使われている武士の基本武器
         /| ↑、 /\_.ノ:::::::::::ヽ  ヽ     |    対して研無刀は見た目なんかは真剣とほとんど変わらねぇが
.        / | /:::::::::\/ヽ:::::::::::::::::::', ! `、    |    あえて斬れない様に鋭く研がない分
       / l/:::::::::::::::::::`ヽニ=::::::::::::::V   i   <    硬度と重量をかなり増加させて
.      / /::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::ヽ   |   |    斬るより破壊を目的とした
      /  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::::::i  !  |    玄人好みのあつかいにくすぎる刀
     /   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\:::l´  \ .|    使いこなせねぇとナマクラ刀より弱い
.    / -、  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 刃―、-゙ |    ただの鉄クズみてぇなもんだってのに
    ´/   Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`メ,   ヽ、|    何であのガキは?
    /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    | ',
.   /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |  ヽ
  /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  |   \

115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:15:11.40 ID:0RvD8fLX0


>>81
おせーよ





84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:06:48.00 ID:Gc6TOhpb0


タングステンを使用する加工工具は他のモノと比べると高速回転低速送りだ
ドリルをぶん回してゆっくり進む感じ
衝撃に耐えられんて事だ




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:08:13.75 ID:49kVWkQI0


軍刀って使いにくいから申請すれば自前の刀とか戦地に持って行って良かったらしいね

129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:24:19.89 ID:pQ6VTu+U0


>>89
使いにくいって言うか将校の軍刀は自費購入だし物資不足で買えなかったり国家の命運を懸けた戦に先祖伝来の刀を持ってく事がステータスだったりした
お国が呉れる軍刀は恩賜刀か下士官用の軍刀位(下士官装備は官給品)だとおもた





110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:13:13.53 ID:R3yxPL580


ダイヤモンドのいう「硬度」って表面の傷つきにくさじゃなかったか?実際は割れやすいハズ

117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:15:22.28 ID:49kVWkQI0


>>110
ダイヤモンドは硬いけど一定方向には非常に割れやすい
これを解消するためにあえて先に粉々にしておいて
それを再度固めるって方法で硬さと強さを両立させる方法もあるとかなんとか





131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:24:47.38 ID:Gc6TOhpb0


日本刀はやっぱりあの錬成技術だろ
大昔によくあんな事思いついたわ

133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:26:45.71 ID:Uju27c+Z0


>>131
オーバーテクノロジーもいいとこだよ
とにかくすげえ


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:28:32.80 ID:B8/6BoWRP


>>131
日本刀とねるねるねるねは同じ日本人のクセが生み出したモノだと思ってる
改造大好きなくせにクオリティも追求せずにはいられない
それが日本人だと思ってる





134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:28:21.60 ID:ADCO8IisP


ダマスカス鋼の見た目は捨てがたい…






138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:36:46.51 ID:yxM/WGLf0


合わせ鍛えなんかは紀元前からあるし、当然日本の作刀術のルーツである
中国にも受け継がれている技術。
にも関わらず日本刀は宋代の欧陽脩に宝玉を切る宝刀と讃えられ、
明代の『武備志』に「日本の刀は剛利で、中国のものはそれに及ばない」とか
書かれるようになる。確かに品質追求癖のなせる技かもね。




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:54:09.80 ID:VO7tGFgH0


チタンってどうなん?

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 22:04:31.85 ID:B8/6BoWRP


>>140
しならそうとしたらヤワくなるし
固くしようとしたら脆くなるし

チタンは使い方で性質が変わるけど
単一金属じゃポン刀を超える刀を作るのは無理でしょ





76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:04:59.01 ID:ts54WWJM0


日本刀VS超振動ナイフ

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:07:31.08 ID:R3yxPL580


>>76なるほど超振動か。それがあると幅が広がるな





95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:09:38.41 ID:Uju27c+Z0


超振動ナイフって、今の技術で作れるの?

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:11:05.24 ID:LoQlO8ty0


>>95
包丁に○ーター付けたら完成じゃね


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:11:47.66 ID:R3yxPL580


>>98「超」振動だろ





108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/03(月) 21:12:49.77 ID:mffvvt2U0


西野カナに刀持たせて彼氏と離れ離れにすりゃ超振動するんじゃねーか




1001:以下、名無しにかわりましてまとめでぃあがお送りします:2012/11/14(水) 04:55:50.30 ID:5EpTGWOO0


対馬で文化財が次々に窃盗被害!! 韓国の国宝になっていた!!

【閲覧注意】宮崎勤死 刑 囚やばすぎワラタ

スパルタ兵300人 vs. 薩摩武士300人 どちらが勝つと思う?

韓国「日本人は『韓国軽視、欧米重視』という19世紀末の世界観に逆戻りしている」

コ ン ビ ニ 店 員 を 嫌 な 気 分 す る 方 法

改めて鳥山明の画力すごすぎワロタwww (画像)

【マジキチ注意】 ナチスの人体実験wwwwwwwwwwwwwww

貴方も「百合」の心地良さに気づいて欲しい。辿り着いて欲しい。この世界で最も美しい理想郷がそこにある



引用元:タングステンで日本刀作ったらどーなんの?
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354535191/
オススメ記事
最新ニュース
​​
過去記事ランダム
​​
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

3137:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 07:59:08

オチあれでよかったのか・・・?

3138:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 08:59:58

チタンブレードにタングステンカーバイト溶着させてカーボンで挟み込んだヨロイトーシって物があったな。

3139:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 09:06:53

>>35
タングステンは単体でも融点が非常に高い金属で、二成分による化合物の場合
炭化タングステンが最も融点の高い化合物、と物の本で読んだことがある。

やっぱり「堅いだけ」では役には立ちづらいものなんだよね。
ただし、日本刀にように添加する素材を折り曲げ叩いて層を成し鍛え上げれば
クソ重たいだろうけど何か凄いもんが出来上がる可能性がある
そして値段もかなり素敵になるだろうw

3140:名無しさん@ニュース2ch2012年12月04日 09:14:47

タングステンで武器を造るのなら戦槌とかじゃね?

3141:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 09:27:07

多分、電気炉でないと融点に達しない。
鍛えようにも、持ち手の方も鉄の融点を超えるので、
耐熱手袋で掴むこともできない。

更に人力ハンマーで鍛えられる程柔らかくも無い気がする。
チンタラやってたら冷えてしまう。
専用の冶具組んで固定しつつエアハンマー工程だな。

3142:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 09:27:07

カッターとかヒゲソリの刃作るのと刀作るのとを同じように見てる馬鹿が未だに居るってことだな

3143:2012年12月04日 10:26:28

すぐ欠けるからって使い捨てにするにしても勿体ないし。

3144:名無しの散歩さん2012年12月04日 10:41:13

でもナイフなんかはヤワい素材から
とにかく硬いハイカーボンって流れじゃねー?

3147: 2012年12月04日 11:03:43

劣化ウラン刀を妖刀として売り出すビジネスとかありそうでなくて怖い

3148:名無しさん@ニュース2ちゃん2012年12月04日 11:06:09

チタンのナイフ持ってるけど、チタンだけだと切れないw
だから、刃先だけ別の金属になってたはず
切れ味なら、鋼が一番だと思う
すぐに錆びるけどw

3150:名無しさん@ニュース2ちゃん2012年12月04日 11:48:26

刀の強さの秘密ってなんどもなんども鉄を折り曲げるあの作り方なんだろ?
タングステンなんて最も融点が高い金属でそれをやるのは不可能だろ?3380度の金属なんて生身の人間が加工出来るわけねー近づくだけで熱さで死ぬよ。かと言って刀の精製方法を機械にやらせてちゃんと作れるとも思えないしな。

3151:名無しさん2012年12月04日 11:51:42

結局、刃物で重要なのは研ぎだから、そういう意味でも鋼ってのはちょうどいい素材なんだろうな。

3152:名無しさん@ニュース2ch2012年12月04日 11:57:36

こういうことに興味を示してしまう奴が多いってのが
日本人の良い所でもあり、悪い所でもあるんだろうな

3153:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 11:59:41

刃の部分の硬い金属を峰側の柔らかい金属ではさんで造ってるから、刃の部分だけをタングステンにしたらタングステンの硬さを活かせるかもしれない

3156:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 12:28:21

タングステンは高価な金属じゃなかったっけ?

3157:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 12:36:29

ステンレス包丁より錆びやすい鋼の包丁のほうが良く切れるし、切断面も潰れないから助かる。研ぐの面倒だけど。

3159:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 12:57:19

タングステンは固いけど粘りが無いから
ねじったり変な方向から力がかかると折れやすいって聞いた
だから刃全体に使うよりも刃先にちょこっと混ぜて使うくらいが良いと思う

3161:閻魔大王庁の調査人2012年12月04日 13:15:13

詳しくはないが、戦陣刀(太刀)で郷助広等が鍛えたものは同じ鍔元では青竜刀より厚く幅も広いよ、明軍が薩摩軍団を恐れたのも肯ける、良い太刀で青竜刀を叩けば折れたり切れたりしたそうです。良い太刀に拠る示現流の打ち込みを生半可な刀で受けると刀ごと切られる。示現流の高位者と立ち会った経験からすると相打ち覚悟で突く以外方法がない。

3162:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 13:26:38

10年以上前に所さんの目がテンで、鉄だけで作った刀と鋼だけで作った刀で試し斬りやってたな
結果、鉄だけの方は曲がってまともに斬れなかった
鋼は硬いけど切れ味が悪すぎて斬れなかった

3164:鬼女速名無しさん2012年12月04日 14:27:57

ジェラルミンとかはどうなんだろう

3172:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 18:02:58

テングスたん

3185:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 20:49:33

タングステンは磨耗には強いけど衝撃には弱いんじゃね?

3188:名無し@まとめでぃあ2012年12月04日 21:50:12

タングステンを日本刀全盛時代の刀鍛冶に渡してみたいわ

3506:名無し@まとめでぃあ2012年12月09日 17:43:56

研磨出来ないと一回で使い捨で効率悪いかも、ダイヤで出来るかな?。峰打ちでぽっきりって事もあるかな。
鋼って凄いよな、鍛えれば鍛えるほと強くしなやかになる。
たしか、軟鉄を鋼鉄で挟んだ構造じゃなかったかな、包丁は
そうだよな。

3785:島根賢人2012年12月12日 19:34:33

 古事記にも詳しい安来さんに聞きなよ。

3975:名無し@まとめでぃあ2012年12月14日 20:49:20

タングステンは鉛よりも重いから本当に重いよ

ちなみにタングステンは固くてもそんなに脆くない。
現在の装甲車を唯一撃ち抜ける小口径のライフルの弾はダーツ状のタングステンで装甲の鉄をストッっと射抜く

ただいくら脆くないからといっても人が振り回せる程細くしたら鉄にあたったら折れるかも…
だから刃の部分だけタングステンとかにしたら相当強いぜ!

あとステンレスの軍刀は綺麗だし上手くつくられたものは普通の刀よりも折れない。
というかステンレス鋼(sus302,303)とかはまず折れない。

短いナイフに使われてるような(sus340)とかは本当に曲がらないで折れるけどね。
凄くよくキレるステンレス鋼は凄く折れやすい&かけやすい

いまのナイフ(コールドスチールとか)の3マイステンレスとかは最も完成度が高い。

日本刀は確かにビックリするぐらい切れるけど作る手間がやばすぎる

5147:プレス技術屋2012年12月29日 18:06:05

 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型冷間工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命的先端材料というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。

5285:名無し@まとめでぃあ2013年01月01日 04:26:49

昔実験でタングステン使ったけどクッソ脆かったぞ、それこそ素手で割れるくらい
折り曲げると層がはがれまくってすぐバラバラになる

まあスレで言ってるのはタングステンカーバイドをコバルトで焼結した超硬合金事だろうけど
あれもすぐ欠けちゃうからな

10488:名無し@まとめでぃあ2013年03月16日 10:52:52

現代の鋼材で強いっていうとハイス鋼かOU31、ダイス鋼カウリ辺りじゃねえかな、硬度と靭性考えると。

ただ玉鋼の硬度自体が60超えてるから正直あんまり変わらない気がするんだよなぁ・・・

13026:名無し@まとめでぃあ2013年04月26日 20:40:29

あの戦争で、どれだけの江戸以前からの武家の刀が南洋の藻屑と消えていったことか。

確か貴族が自身と部隊の装備を自弁した欧州に倣って、日本陸海軍の士官将校も軍服、軍刀その他装備は基本自弁だったっけ。
だから金持ちの華族将校なんて裏地ビロードの軍服とか金ラメ入りの野戦外套とかを調達していたし、
海軍じゃオーデコロンをつけずに軍服を着る将校はぶん殴られたと聞いてるな。

15013:名無しさん2013年05月26日 21:37:06

>>>25
>無難に厚さ1cmの鉛の鎧と籠手でOK

こんな超重量の鎧を装備して戦える時点で素手で人を引き裂けるレベル

22902:プレス技術屋2013年08月15日 23:20:38

それにしても日立金属の高性能工具鋼SLD-MAGIC(S-MAGIC)の評判高いですね。少し前にその自己潤滑性とかいう話を日本トライボロジー学会で聞いたが、モリブデンとかカーボン、それにDLCコーティングなどの怪しげな論説とも整合し、油中添加剤の極圧効果にも拡張できる話は面白かった。そのメカニズムをひらたくいえば世界初かつ世界最小の本格的ナノマシンであるボールベアリング状の分子性結晶(グラファイト層間化合物)が金属表面に自己組織化されて、フリクションが良くなるということらしい。

23930:名無し@まとめでぃあ2013年08月21日 15:31:23

タングステンは延性-脆性遷移温度が高く、室温では脆すぎて衝撃を与えると簡単に折れてしまいます。高温で加熱して再結晶化したタングステンなどは、コンクリートの床に落とすとガラスの様に砕け散ります。

36786:名無し@まとめでぃあ2013年11月04日 15:13:45

量産品で最強は群水刀
現代の刀鍛冶が造る刀は全てコイツには勝てない
但し、現代の法律で群水刀は作れない(ステンレス刀の分類なため)
超鋼を使った素延べ刀も現代の法律では作れない

超鋼を数回折り返して、金属の層を作ると現代の法律でも可なモノになる
超鋼を使ってるのに折り返すのは、現代の法律の目をくぐる為
超鋼として最適な調節を受けた成分の一部が折り返しによって脱落し金属性能は落ちる(それでも玉鋼から作られる刀よりは性能が良い)

但し、刀としての形に整える事や砥ぐ事が非常に難しい一品になる
通常の刀に比べ、異常なまでに硬く
通常の刀よりも圧倒的に折れず
あらゆる意味で「人間が手動で研くレベルを超えて」いるため、手入れも大変である

72284:名無し@まとめでぃあ2014年04月14日 19:35:19

タングステンが鉛より重いとか書いたやつ
「周期表みろ」
現実的に考えると超硬合金を鋼で挟み込んで
軟鉄でロウ付け、浸炭の工程やろなぁ・・・
ヤキ入れる必要あらへんし

75035:名無しさん@ニュース2ch2014年05月01日 19:42:07

タングステンを槍または矢にして、爆薬の力を借りて超高速で飛ばしてるのが現代の戦車砲の徹甲弾なわけで

96925:名無し++2014年08月02日 16:02:18

タングステンは金属を切断する工具とかに使われてるよ。
スイングしてスパット切るわけじゃないから切れ味がいいという表現が適切かは分からないけど硬度が高いから鉄とか簡単に切れるらしい。
比重も高いから素早い剣さばきが出来るかは分からない。

102282:名無し@まとめでぃあ2014年08月23日 12:56:12

超硬が折り返せるわけねーだろw
超硬とは炭化タングステンのことだからな。
超硬のエンドミル使ってみな、材料よりも遥かにエンドミルの欠けに気を使うんだよ。つまりスグ欠ける。
研磨するには炭化珪素の砥石を使って研ぐんだが。困難中の困難。
ここの書き込み見てたらヒキコモリの妄想大会だな。
普通に機械なんかを扱っているメーカーや工場に居る人たちですらもっと高度なことを知ってるよ。
オタクも落ちたな。
日本刀の構造は流派によって様々だが、大まかに言えば地金と呼ばれる低炭素鋼を鋼と呼ばれる高炭素鋼で包み込んだ2重構造になっている。外は脆く欠けやすいが硬く、磨耗に強い。中は粘りがあり折れにくいが刃物としては使えない。焼きが入らないため熱して硬くなるのは外側だけ。
鉄に炭素が何パーセント溶けているかを刀匠のおじさんたちは光沢で判断して選別してから鍛錬する。
決して闇雲に作っているわけじゃないんだよ。
光沢を見れば、モリブデンやニッケルの含有量もある程度判別がつく
名刀と呼ばれるものはこれら重金属の含有があるものが多々あるため概観が黄色身であることが多い。

ちなみ刀を何度も叩いて叩いて叩きまくるのは鉄の結晶を粉砕して細かくすることによって強度が増すことが分かっていることと。
叩くと鉄と硬さが違っていたり、なじまない性質のものが表面に浮き出てきてはがれ落ちるため、純度を上げる効果があるのです。

もし、炭化タングステン(カーバイド)を日本刀に効果的に使うのであれば
地金の部分にバネ鋼の類を使用して外側に中より少し上の炭素鋼を使用、さらにその外側に炭化タングステンを蒸着コーティングするのが良いと思われる。

蒸着膜厚は100ミクロン程度

ただし、これよりもコバルトコーティングやダイヤモンドコーティングなどが刃物業界で使われていることを考えれば、こちらの方が特性が優れているということだと思う。温度特性はタングステンの方がいいと思うが。
このあたりは単にコスト的な問題カモシレナイ。。

130402:名無し@まとめでぃあ2014年12月27日 00:11:33

刃の部分に使えば重心が刃の部分に行って尚且つ硬度もあるから切れ味はかなり上がるだろうけど・・・いかんせん熱に対して異常に強いからまず加工できるかどうか。3000℃まで温度を上げるのが関門だな。

135039:名無し@まとめでぃあ2015年01月20日 21:59:57

藤岡弘が自動車を切り裂いたのは「たけし&マチャミの世界に誇る日本の技術に驚いてみませんか?SP」という番組の企画で作られた超硬合金の金属を用いた刀(定義としての日本刀からは外れる)

詳しくは「リアル斬鉄剣」で検索

147303:名無し2015年03月27日 18:29:43

元スレ41はもう少し現代の日本刀について調べて書き込もうね、無知晒して恥ずかしいから

147918: 2015年04月01日 14:57:35

刃をどうやって作るかが問題だよね

149790: 2015年04月13日 19:47:48

西野カタナ

158657:たたら2015年06月08日 10:16:04

海面鉄で日本刀はできる。

173328:名無しさん2015年10月19日 06:51:15

戦乱が激しかった時代までは斬れる機能付き鈍器だからなんでもおk

192919:名無しさん2016年07月24日 05:25:56

普通の炭素鋼って随分前から存在してる合金だし産業革命の頃には安定して生産されてるから舐められてる節あるけど、単純な強度では結構優れてるからねえ
かたさって様々な指標があるから鋼より汎用性に優れたものは腐るほどあるんだけどね
硬度はどうか、靱性や延性は?耐熱、耐腐食、耐摩耗、比重、光沢、更に加工しやすいかどうかまで含めた総合力で合金の価値は決まる
でも用途が限られてる金属でも適材適所で使われるわけだ
で、劣化とかを考えず、その時切れればいいという刃物を作る場合だと、普通の炭素鋼ですら上回れる金属(合金)はなかなかないと思う。何を切るかにもよるけど
切れ味以外のところにも重点を置くならチタン合金も悪くないけど切るって意味ではやっぱりイマイチかなぁ。部分的に使うならいいかも
タングステンなら刃の部分の硬度と耐摩耗性の底上げで使うのがいいのかな

とりあえず切れ味って意味なら本当に単純な物理法則で、硬ければ硬いほど切れるんだけど、誰もが知ってる通り硬いことで有名なダイヤは(低靱性で)脆くて武器としてぶつかり合ったら即折れる
硬ければ切れるけど、硬いだけじゃ切る前に壊れるんでバランスが難しい
その点、鋼ってのはいいバランスなんだよね。伊達に今でも高級包丁の素材選択肢に鋼が入ってるわけじゃない
ついでに基本的には鋼素材の包丁が最も切れる、ただ手入れが大変だから他の素材で近い切れ味を再現しようとしてるわけだ

205737:名無し@まとめでぃあ2017年03月28日 00:51:11

日本刀スレには必ずと言っていいほど>>133みたいな
オーバーテクノロジーとかロストテクノロジーとか言いたいだけのキモオタが湧くな

207382:名無し@まとめでぃあ2017年04月25日 15:05:17

そもそも長所有り欠点無しじゃバランス悪いわ
まるっきりチートじゃねーかwww

欠点を補いつつ長所を活かすからこそ進歩が生まれるのに
それを放棄したら退化しか道が残んないだろjk
そんなに完璧な物が欲しいのかって小一時間ほど問い詰めたい気分だわ

219171:名無し@まとめでぃあ2017年10月25日 22:54:17

1つの物にこだわって精度を高める気質の日本人が、銃を製造していたらどんな製品ができてたんだろう?
江戸時代も銃社会にならなかったからそうでもなかったのかな?

223139:名無し@まとめでぃあ2018年01月04日 23:49:47

曲げと変形に強い素材を使うなら超ハイテンだろ

ここ三日の人気記事

このサイト
特に面白くありませんが、初めての方は
このサイトについて
をごらんください。
サイトを初期デザインに戻しました。
試行錯誤中。

この日記のはてなブックマーク数
Twitter Twitter rss
はてブしてくれると嬉しいです。 ツイッターとかやってみました。 RSSとかも配信されてるようです。


開設から 日経過
■コメント数: 235704件
■総記事数:

リンク・その他お問い合わせ
メールフォーム
月別アーカイブ