​​

日本刀製作で未だに人がでっかいトンカチ叩いて作ってると思ってる奴

日本刀製作で未だに人がでっかいトンカチ叩いて作ってると思ってる奴
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:13:10.57 ID:lylC4l9m0
いるけど あれはパフォーマンス的な事で 実際は凄い勢いでガチンガチンやれる機械でぶったたいて 細かい事は小さいトンカチで手作業でやるってだけだよ あと日本刀の研磨も 粗方は機械でやるよ 仕上げは手作業だけど
日本刀製作で未だに人がでっかいトンカチ叩いて作ってると思ってる奴
引用元:日本刀製作で未だに人がでっかいトンカチ叩いて作ってると思ってる奴
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365984790/


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:13:10.57 ID:lylC4l9m0


いるけど
あれはパフォーマンス的な事で
実際は凄い勢いでガチンガチンやれる機械でぶったたいて
細かい事は小さいトンカチで手作業でやるってだけだよ
あと日本刀の研磨も
粗方は機械でやるよ
仕上げは手作業だけど



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:14:49.78 ID:wxhiRc5m0


スーツ着てるマサイ族ぐらい知ってた



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:15:14.32 ID:zDPBcOFK0


その点昔の人はパネェよな



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:15:19.18 ID:nUWZHZpH0


道理で妖刀も名刀も生まれないわけだぜとか言ったら怒る?

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:24:56.32 ID:P/9sp8ei0


>>7
お前なんで妖刀作ろうとしてんだよ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:27:39.96 ID:nUWZHZpH0


>>26
作ろうとはしてないけどさ人の念が入ってないと本来の意味無いでしょ
まあ今の時代に人の念だの何だの言っても通じないと思うけどさ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:47:40.32 ID:AacCW5ltO


>>33
妖刀って打った後に付いてくるもんじゃね


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:53:08.97 ID:nUWZHZpH0


>>69
製作者の強い念があるからこそ妖刀にも名刀にもなる
何の思い入れも無く作ったもんなんかすぐ駄目になるもんよ
執念とか思念って実は結構凄いもので良い風にも悪い風にも使える


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:54:11.99 ID:jDDKCSpQ0


>>77
お前きしょすぎwww


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:57:53.72 ID:nUWZHZpH0


>>79
やっぱりこうなるよな分かってたけど
もう思い入れとかそういうのは世代交代で通用しないんだろうな
物はただの物の時代だからもう何も言わないで黙ってる




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:15:20.85 ID:SBoUQjlG0


そらまあ鋼にするんだから機械が作られりゃ楽だしな



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:15:53.05 ID:hcFya8r40


インディアン餅つかない

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:19:03.90 ID:PorxJ6+FP


>>10
んな訳ねぇよwお正月どうすんだよww




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:16:49.32 ID:gQJjeaWT0


弟子が焼き入れするための水の温度を知るために、手を入れたら腕ぶった切るくらいの気合が欲しい



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:17:33.05 ID:JTKRl+5s0


昔より丈夫で鋭利なの?

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:23:34.17 ID:kYf1n36O0


>>12
居合刀しか作ってないから昔より遥かに脆い

玉鋼用意して幕末品質の新刀打つとなると10倍は金かかるらしい


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:24:18.54 ID:/rU0+8TZ0


>>12
今の方が材料がいいからな
昔は砂鉄から鉄作って芯鋼と周りに鋼作ってた
この鉄に炭素足すと鋼の合金になるんだよ
だから。うしおとトラとかの人身御供にはちゃんと意味はある

二つ作りだけじゃなく三つ作りとかもあるけどな




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:26:52.28 ID:/rU0+8TZ0


幕末の刀も酷いぞ
明治以降だとまともって言われるのは村田刀ぐらいだけど
その他の軍刀はただの飾りで実用には耐えないのばっか
酷いのはトラックのスプリングから作ってたし

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:27:59.75 ID:kYf1n36O0


>>31
すまん、言い方が悪かった。
幕末に使われていた刀な。


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:30:22.50 ID:/rU0+8TZ0


>>34
江戸時代のちょい前ぐらいからは粗製乱造された村正やれ備前政宗もどき、こてつで溢れてた気がするが

昔の銃も職人手作りだぞ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:32:36.02 ID:TD2oAS6c0


>>41
虎徹は江戸前期の刀工なのになんで江戸時代のちょい前にそのパチモンが
溢れてんだよwww
備前政宗って何だよwwww


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:40:41.67 ID:/rU0+8TZ0


>>43
ぐらいからって言ってんじゃん
褒章として与えるのがねーから適当なのに銘打って与えてた
備前の刀匠が作ったのは備前政宗だがどした


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 12:24:46.65 ID:7/CCSsV40


>>31
軍刀の品質もピンキリで一概に評価できません。
士官用の軍刀は私物で自弁だから仕込む刀身は特注とか先祖伝来のとか安い出来合いのとかでバラバラ

逆に下士官用のとかは大量生産品で日本刀とは呼べないシロモノだけど工業製品としての信頼性は高く
ある意味下手な古刀仕込んだ軍刀より頑丈で使い勝手も良かったそうだ




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:44:27.38 ID:wxhiRc5m0


刀の「まさむね」は「政宗」ではなく「正宗」です
「政宗」は馬をハーレーのように乗りこなしてパーリィする人の名前です



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:45:56.21 ID:nUWZHZpH0


刀の「まさむね」は「政宗」ではなく「正宗」です
「政宗」は馬鹿め!馬鹿め!と叫びながらやたらと銃を撃ちまくる人の名前です



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:20:01.05 ID:lylC4l9m0


昔は実用性重視とかいってあんまり磨いたりしなかったらしいよ
そっちの方が切れるらしいよ
今は綺麗に磨きまくるから見た目いいけど武器としては昔の研ぎ方の方が良いらしいよ



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:23:00.22 ID:p0Nbs+YV0


そもそも今は鍛造だってパフォーマンス以外はプレスハンマーの機械打ちが当たり前だろ



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:25:09.39 ID:ahZtGxWM0


大量生産なら結局、銃でいい
達人とか職人とか個人の技量に左右されてこそ東洋武器

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:28:03.90 ID:TD2oAS6c0


>>27
お前西洋では銃の普及後に抜刀突撃が盛んになってることしらねえのかよw
銃と剣は別に機能的に競合しあう武器じゃねえし。

『グスタヴ・アドルフの騎兵』
・グスタヴは、部隊後列は敵と接触するまではピストルを使わないよう指示し、
かわりに抜刀突撃を行うよう命令。
ピストルはあくまで混戦の際の武器であることを強調した


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:33:50.33 ID:wxhiRc5m0


>>35
その突撃は今でも笑い話として語られるほどのもので
抜刀突撃が盛んに行われていたわけじゃないよ
装填に時間のかかるマスケット銃相手なら有効だけどね


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:37:37.46 ID:TD2oAS6c0


>>46
グスタヴアドルフは笑い話どころか三兵戦術の基礎を築いたとして
今でも賞賛されてんだけどw
笑いものになってるのはそれ以前に行われてた命中率の低いピストルを
撃って反転する消極的なだけのカラコールだw
そこから時代が下ったナポレオンも抜刀突撃有効活用してるしwww
少しはものを知っておけよ物知らずwwwwww
あーおかしいわwwwwww


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:41:20.88 ID:wxhiRc5m0


>>52
ごめん思いっきり時代も人も間違えてました
勉強してきます




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:26:15.04 ID:heesCcz/0


俺の股間の村正が妖しい輝きをしてる

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:27:35.88 ID:z8GwUDowO


>>29とりあえず鞘から抜こうか




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:26:32.39 ID:zadhp8hs0


日本刀よりレーザー加工のチタン包丁のほうが強いの?

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:28:20.51 ID:/rU0+8TZ0


>>30
用途によるが刀の技法で作られる和包丁の方が刃が細くて柔らかいから
細胞傷つけにくとはいわれるが純粋強度なら負けるんじゃね




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:29:12.79 ID:L4nvCubX0


居合いくらいしか需要ないし、手打ちでバカみたいに時間かけて作るクソ高い刀なんて売れないんだろうなあ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:33:24.44 ID:xarucOLg0


今ならもっと合理的に良い刀作れるけど、需要がないからやらないんだなきっと
真逆の例が日本酒だね

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:46:37.63 ID:p0Nbs+YV0


>>45
そもそも今の法律だと刀は美術品扱いだし刀鍛治が打てる本数法律で決まってる
それに鍛造技術以外で作られた日本刀は許可証が発行されないから銃刀法違反で捕まるし刀没収




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:38:55.91 ID:/rU0+8TZ0


あれは芯鋼と皮鋼をくっつけるために叩いてるのでどこをどれだけ叩くかが重要なのであって
叩き方はいうほど関係がない

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:40:02.72 ID:TD2oAS6c0


>>54
「鍛造」の意味を少しは知りましょうwwww


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:44:07.39 ID:/rU0+8TZ0


>>57
うん、だからあれは異なる性質の金属の接着だよ?日本刀の場合は。
結晶構造は接着としてはつおいお




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:49:43.89 ID:NPwnWVdzO


日本刀はロマンだから
ロマンは機械使っちゃダメだから



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:50:13.83 ID:wxhiRc5m0


妖刀村正も徳川家が何の因果か刀傷沙汰になったとき村正にばっかり厄介になってるから呼ばれただけだしね

73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:51:29.15 ID:fkgD4ZbGO


>>72
シンドラーのエレベーターみたいな感じ?




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:52:06.05 ID:5bY7c4630


妖エレベーターシンドラー

村正妖刀伝説
徳川家康の祖父清康と父広忠は、共に家臣の謀反によって殺害されており、どちらの事件でも凶器は村正の作刀であった。また、家康の嫡男信康が謀反の疑いで死罪となった際、介錯に使われた刀も村正の作であったという。さらに関ヶ原の戦いの折、東軍の武将織田長孝が戸田勝成を討ち取るという功を挙げた。その槍を家康が見ている時に、家臣が槍を取り落とし、家康は指を切った。聞くとこの槍も村正で、家康は怒って立ち去り、長孝は槍を叩き折ったという。これらの因縁から徳川家は村正を嫌悪するようになり、徳川家の村正は全て廃棄され、公にも忌避されるようになった。



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:52:03.52 ID:AacCW5ltO


蜻蛉切りも村正一派だった気がする

三河文珠派
蜻蛉切は天下三名槍のひとつで藤原正真の作。藤原正真は三河文珠派。村正は徳川領の三河に近い伊勢の刀工であり、三河を始めとする東海地方には村正一派の数が多く、村正一派の刀剣を所持する者は徳川家臣団にも多かった。三河に移った村正一派を三河文珠派と呼ぶ。



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:58:23.64 ID:Msjoi/J0P


自分の娘を炉に入れて、やっとこも使わず素手で鍛えるんだよ知ってるよ



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 09:59:55.32 ID:gTWeqtdjO


田舎の山奥でトンカチでトンテンカンテンして作ってると思ってた



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 10:56:13.94 ID:zkNWo8CrO


お前らって本当に意味不明なほど知識あるよなこういう分野
アナオタは糞の役にも立たないけどこういうオタは関心するわ

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 11:02:54.16 ID:2t7ir3Rd0


>>106
アナオタってなに?


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 11:03:14.51 ID:wxhiRc5m0


>>109
ア○ニーオタク


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 11:04:00.09 ID:2t7ir3Rd0


>>110
糞の役に立ちそうだが




篠田麻里子の髪型にしてくださいって言ったら和田アキ子になったwwwww

【閲覧注意】どうして人生って大人になっていくにつれてつまらなくなるんだろうな

超有名な漫画家たちが描いた「はじめの一歩」

「処 女を失った年齢」を公言している女性有名人の一覧(画像)

伊達政宗ファンの姉ちゃんにこれ見せたらブチ切れたwwwwwwwwwww

DQNからの告白メール純情すぎワロエナイ…

ネットの情報にだまされたエピソード

CD売上皆無のK-POPが前代未聞の方法で荒稼ぎしていた事が発覚wwwwwこれには日本人もドン引きwwwwww

歴史を捏造してるのは韓国ではなく日本だったwwwwwwww

オススメ記事
最新ニュース
​​
過去記事ランダム
​​
関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

12506:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 12:51:50

量産品はそうやって作るけど、刀匠が作るやつは未だにぶった叩いて作ってるのあるよ

12507:オシラ7742013年04月16日 13:10:37

↑全部読め文盲

12510:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 14:40:50

やっぱりID:nUWZHZpH0はキモい件

12512:名無しさん2013年04月16日 16:10:05

このサイトこういうの好きだね
専門板のこの手のもまとめてよ

12514: 2013年04月16日 16:18:15

心鉄入れない方がいい刀作れるらしいな 古刀なんかは一枚鍛えが多いらしい そもそも玉鋼を使いだしたのって江戸時代からで、今の認められてる作り方がベストってわけではないんだよね

12517:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 17:09:02

※12507
ちょっとバカはあっち言ってて貰えます?

12519:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 17:39:44

>その他の軍刀はただの飾りで実用には耐えないのばっか
>酷いのはトラックのスプリングから作ってたし

そら、戦中に軍刀の需要が高まったのに付け込んで悪徳業者が乱造した粗悪刀が
大量に出回ったせいであって、軍がきっちり管理した高品質の利刀も多い様だぞ。
ちなみに、当時は「古式本鍛錬刀」と「古式半鍛錬刀」があり、後者は伝統製法に
機械式ハンマーを採り入れたもので、前者より安価。
どっちにしても、工業製品の軍刀と違って職人が手がけていることに変わりはないが。

スプリング鋼だって特殊鋼だし切れ味は馬鹿に出来ん。
気になったら兗洲虎徹(えんしゅうこてつ)でググろう。
袞州虎徹(こんしゅうこてつ)という誤字でもググろう。

12521:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 17:42:08

>玉鋼用意して幕末品質の新刀打つとなると10倍は金かかるらしい

幕末のは新刀じゃなく新々刀な。念のため。

取り敢えず幕末からの製法の刀でも最低100万する。
これが玉鋼どころか戦国時代の古鉄なんか用意して作るとなったら
コスト最悪な中世タタラなんか再現して物凄い価格になるんだろうな。
(再現できるかどうかは別として)

古刀を再現したと評判の小林康宏なんかはもっといい方法使って
やってるのかもだけど。

12524:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 18:48:07

機械っつったって動力がモーターなだけで、ほぼ手作業みたいなもんだぞ
俺らだって神経磨り減らしながら一本一本丁寧に作っとるわボケ

12526:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 19:07:35

世界的に有名だったドイツのゾーリンゲン地方はカンカンやる鍛造製法が途絶えてしまって
ある会社では日本で作った包丁を仕入れて現地で柄の部分だけを取り付けて売ってるらしい

12527:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年04月16日 19:11:06

しかし、極めれば極めるごとに機械の調整では到底たどりつけない境地が存在する。
それが国宝と言われる刀匠である。

12532:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 21:46:24

ある程度切れて頑丈で日本刀として使えりゃ何でもいい(町の声)

12533:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 21:51:40

作成動画はさんざん観てるけど、工程の前半は手打ち、後半が機械ハンマーってのが
多いと思うんだが。

折り返しの行程は弟子との3人で手ハンマー、後半の刀身の伸べは機械、とか。

12535:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 22:00:21

手でうってちゃ利益的な問題があるんじゃね 昔だったらすごい実用性あるものだったけどいまはなぁ・・・
でもこういうの作る職人てのは機械じゃなくて手でうってほしいとはおもう(´・ω・`)

12536:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 22:10:48

本物が出てきてるな。
まぁ、そうか。いまは物は物の時代だし、しょうがない。
受け継いだ連中は受け継いでいくだけでいいのさ。

12537:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 22:19:14

nUWZHZpH0はオカルト板に行けばお仲間が沢山いるのにな

12538:名無し@まとめでぃあ2013年04月16日 22:24:30

芯鉄入れる方法だと砥げば砥ぐほど強度がどんどん下がってあっという間に使いものにならなくなる
結果使う事が出来ず朽ち果てるその時までただ飾られるだけで終わる

悲哀

12540:名無しさん2013年04月16日 22:43:36

ロンベルクさんに頼むわ

12541: 2013年04月16日 22:52:11

中華製の似非日本刀は機械で打って作るって聞いてたけど違うのかね
外国人のお土産とかに使われて
刃をつけてもあれは酷い粗製で糞の役にも立たんとかなんとか

12547:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 01:36:07

備前正宗じゃなくて備前長船じゃないか

12550:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 03:28:05

ID:TD2oAS6c0
こいつもきもちわるい

12551:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 03:46:30

※12537
お前も仲間がいる精神病院にもどったら?

12552:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 03:52:51

機械化できるところは機械化したほうがいいからな
最近では金属の結晶構造を解析しながら、より強くなる製法の開発もしてるとかなんとか

12553:名前はまだない2013年04月17日 04:03:51

生で見たことないから知らんが、普通に考えたら機械は途中までだろ
オートメーション満載のフェラーリ工場ですらエンジンは手作業だぞ

12555:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 04:55:57

俺は日本刀作ってる職人さんたちと知り合いだけど、
このスレで言ってること嘘だから。
ふざけるなよ!

韓国の偽日本刀は確かにトラックバネをそうやってプレス機で叩くそうだ。

12558:名無しさん@ニュース2ちゃん2013年04月17日 06:13:11

そんなこともないのけどね。手作業多いよ。残念でしたね。

12560:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 07:23:06

>>7
生憎だが、機械越しでも念は入るし、名刀も妖刀もある
貴様が無知なだけ

12562:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 10:35:13

機械打ちは均等な打ち方は出来るけれど、それが良いかと言うと違うからなあ。
打ち手の職人の、撃った時の感覚で打ち方を変えていくって技術が、良い刀を作るために必要なわけで。
だから拘る人は機械打ちにしないんでしょう。

12563:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 10:50:34

12547
だな
備前長船兼光って刀工(4人居たらしいが)の師匠(これも直接師事したかわからん)が正宗
備前正宗なんて聞いたこともない
てか備前で作ったら全部備前正宗とかあり得ないw
普通銘は住んでる場所と名前を入れるわけで
正宗は相模で活動した刀工で、なん岡山県の備前を冠するのか意味不明

12564:774RR2013年04月17日 10:57:16

AGEシステムてポンよー

12565:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 10:59:12

いわゆる職人技をシミュレーションソフト駆使して解析しようって動きが10年くらいまえにあったな
結局再現不可能で、職人は機械では再現できないってなった気がする
今の技術なら再現できるのかね?

12566:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 11:26:35

オチで腹抱えてワロタ

マジレスすると早い時代の日本刀、つか玉鋼は
炉の温度が低い所為で、不純物混じりまくり
その不純物の中にチタンとか混じっちゃって
チタン鋼とか出来てたりする
だから切れるって言う不思議なジレンマがある

12571:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 13:34:06

念が籠るなんてナンセンス、と言っちゃうようじゃあ日本人としてナンセンスじゃない?w

それにしても、この手の技術はロストテクノロジー多いよね
近代に作られた戦艦大和ですらそういうのあるんじゃなかったっけ

12572:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 14:06:11

アニミズムだよ、アニミズム
俺はアニオタだから念とか信じますわ
つーか、これって一種の比喩みたいなもんで
実際のところは一般に知れてる念の概念とは異なるってのは、民俗学を少しでも齧れば理解できるが

12574:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 14:32:43

「針供養」のような習慣は大いに賛成だけど、「妖刀」とかを本気で語っちゃう感覚は持ちあわせていませんが、ダメでしょうかw

12579:名無し@まとめでぃあ2013年04月17日 16:31:12

そもそも仕上げを手作業で行うなら十分職人技だと思うんだが

12609: 2013年04月18日 09:58:50

軍刀のが江戸時代の刀よりよっぽど切れるよ

12698:名無し@まとめでぃあ2013年04月20日 11:23:59

日本の刃物のように硬い鉄と柔らかい鉄を意図的に合わせて作るってのは伝統的刀鍛冶の手法としては特殊らしいし、
2種類以上の合わせを手作業でやってたわけだから、集中力を高めて観察しより良い状態に導く=念がこもるって表現につながってるんじゃないの?

あと、昔ながらの日本刀を作ろうとすると値が張るってのは、現代以降硬い鉄しか生産されなくなったために、今は逆に柔らかい鉄を手に入れるのが困難になってるという理由もあるらしい。

12715:名無し@まとめいと2013年04月20日 18:54:56

中国の方でもいい刃物は合わせ鍛えで作ってたよ

12726:名無し@まとめでぃあ2013年04月21日 02:39:13

現代でも昔のような切れ味が求められてるんなら、
手作業に戻してでも、あるいは機械の調整に魂削ってでも同品質のもの作っちゃう奴が出ると思うけどな
美術品としての刀しか求められてない時代に、誰がそんな努力するかって話
需要がない所に技術の維持も進歩もないわ

12770:名無し@まとめでぃあ2013年04月22日 09:50:27

日本刀関連のスレってみんな言ってることが微妙に違うんだよなあ。

13003:名無し@まとめでぃあ2013年04月26日 14:09:50

お馬鹿さん達が劣化した製法を正しいとかぬかしたお陰で昔あったような名刀の製造が困難になりましたとさ

13504:名無し@まとめでぃあ2013年05月05日 10:28:51

>日本刀はロマンだから
これだよね。
もし、鎌倉時代あたりの刀鍛冶が現代に現れたら、素材に鉄を使おうなんて思わないだろうし。

13743:名無し@まとめでぃあ2013年05月08日 16:44:57

妖刀も浪漫だろ!!!!浪漫に夢見て何が悪いんだよ!!
思い入れですさまじい力発揮して伝説になるとかかっこいいだろ!!!
村正とか中二の権化じゃないか!!!

13919:cars2013年05月10日 19:54:24

機械で打つ奴は打つ機械に魂込めてるよ
道具が変わっても職人魂に変わりはないさ

39262:*2013年11月15日 15:37:03

現代で最高の日本刀はアメリカで作ってるやつです。
あちらは最新の冶金学の成果を取り入れて作ってるし、
武器の所持制限がゆるいおかげでもある。

ここ三日の人気記事

このサイト
特に面白くありませんが、初めての方は
このサイトについて
をごらんください。
サイトを初期デザインに戻しました。
試行錯誤中。

この日記のはてなブックマーク数
Twitter Twitter rss
はてブしてくれると嬉しいです。 ツイッターとかやってみました。 RSSとかも配信されてるようです。


開設から 日経過
■コメント数: 219025件
■総記事数:

リンク・その他お問い合わせ
メールフォーム
月別アーカイブ